皆さんこんにちは、天海蓮音です。
英語で言うと、Hasune Amami で御座います。

皆さん、今一番流行っている食べ物想像してみてください。

一時期ブームと化したリコピンが多く含まれるトマトや
青果売り場から姿を消すほど人気を誇ったバナナ。
森の肉と呼ばれ、刺身やチーズにも合い大衆居酒屋から高級料理店にまで名を知らし続けるアボカド?
これまでに多くの「ブーム食材」は存在してきました。

食材だけに至らず、特にティーンエイジャーや20代の若者に人気を誇る日本の流行最先端の入口「原宿」では、タピオカやクレープ、レインボーの綿あめ、可愛らしいアイスクリームに韓国から火がついた、ホットドッグの見た目に1口すればビョーンと中から大量の伸びるチーズが姿を現す チーズドック (お店は沢山ありますので正式名称かは不明)

タピオカなんていうものは昔から存在してますが今はかなりブームですよね。
この間新宿で韓国発のタピオカ店ができるという4トンロングの宣伝トラックまで発見しました。

うちのスタッフに連れられ流行りのタピオカを飲んでみましたが、列ができるのも納得。
あの昔ブームになってコンビニエンスストアに出てきたタピオカとは打って変わってモッチモチの美味しい大きなタピオカと豊富な種類のジュースやお茶が選べる。
打って付けは1番安くて200円ほどでテイクアウトができるというお手軽さ。
若者や大人までもが人気店に列を作るのも頷ける。(書いていて飲みたくなってきました(笑))

そんな今は韓国発の所謂韓流ブームが音楽に至らず食べ物にまで日本を取り巻く中、なんと人気な食べ物は皆さんご存知の「サバ缶」だというのだから、私はビックリしました。

手軽に食べられ、栄養素豊富で低カロリー、美容に良いなどの理由で人気なのだそう。

私は元々サバ缶好きですが、今やシーチキンを上回る人気だという記事を発見。
確かに、シーチキンは案外高い。特にマグロツナを使っているものはそれ相応の美味しさはあるが、やはり高い。個人的主観で言えば、毎日買おうと思える値段ではない。
それに比べサバ缶はとても安く中身もシーチキンに比べればボリュームはある。
食卓に並ぶことを想定するとスっと胸に入るように納得出来ました。

私にとっては予想をいい意味で裏切ってくれた人気食材でした。
家で一人ビールを飲みながらサバ缶を食べていても、「流行ってるもん」と自分に大きく自信が持てそうです。
しかし、安いサバ缶が売り切れ続出、値段高騰などは、こういう私みたいにしっぽりサバ缶を楽しむ「サバ缶ファン」にとっては大ダメージですね。

どうか、サバ缶が缶詰売り場から姿を消さぬよう祈るばかりです…。