月別アーカイブ / 2016年06月

今月もホンシェルジュでおすすめの本を紹介してますので、何か読む本を探している方は是非チェックしてください(^ ^)

旅の本を紹介しています。

http://honcierge.jp/articles/shelf_story/357


最初に紹介している『夜の虹の向こうへ』は興味深かったです。

ハワイアンの人達の価値観とか生き方みたいなものが書いてあるのですが、なんかいいなーって思ってしまいます。

写真も美しい、素敵な本です。


ラジオや雑誌などで夜にかかる虹の話をすると、みんな「実際にあるの?」「どこで見れるの?」なんて聞いてくれます。

ハワイは有名みたいですよ、と答えると、行こうか!みたいな感じになります。

Night Rainbowの下でライブ!なんてこともしてみたいですが、とても稀なものなので、待っていては何日かかるかわかりません。
全然知らないけど多分めっちゃお金もかかります。

みんながどうしてもハワイのNight Rainbowの下で行われるWEAVERのライブが観たいなら、僕らがいつか有り余る富を手に入れるまで待っていて下さい。(みんなも交通費貯めておくように!)


そんな冗談はさておき、夏はお出かけをしたくなりますね!

今週末は千葉、来週は東北へ行けるのが楽しみです。

もしお時間があれば、他の地域の方も観光ついでにWEAVERのライブを観に来るというプランも考えてみてくださいね!


ではまた◎

(写真は松江城からの景色でした)

image1

溜まる落書き。良いメロディはいっぱいあるけどあと一歩、突き動かされない。
この時間にレディへのNudeをお風呂で聴きたくなる時はかなり参ってる時だ。笑
#負のルーティーン


家の近くでも、保育士さんが小さな子どもをバギーに乗せて散歩をしている姿を見かけます。

あれ、楽しそうで、微笑ましくて、いいなと思います。

でも実際、あの子たちはどんな気持ちでバギーに乗っているのかなと思います。

笑顔の子も無表情の子もいますね。

大人になったらほとんどのことは忘れていると思いますが、楽しかったり悲しかったりしたことは断片的に覚えているものです。

僕は保育園に行ってなかったので、あれに乗った記憶はないですが、あの子たちにとって今日の日々が良い思い出になりますようにと願っています。


と、言いますのも、僕は幼稚園の頃の負の思い出が幾つかあるからです。

とても印象的なのが、折り紙で朝顔が作れなくて泣いていたことです。
かなり厳しい先生だった印象があります。
家ではおおこわ先生と呼んでいました。
多分本当は大原など「おお」がつく名前の先生だったはずです。

今は作り方さえ見れば大抵のものは折れるようになりました。

写真は少し前に作った鶴です。

折り紙、久しぶりにやると楽しいですよ。

ではまた◎

image1

↑このページのトップへ