正直に言うと、わたしにとってのプリンとはたまにちょっと食べたくなる気分になる事があるって程度の位置付けだけれど、それでも食べたくなることはあるし、理想のプリンがある。

今回わたしが紹介するのは国立駅から徒歩10分程の場所にひっそりと店を構える「台形」というカフェだ。

目立った看板も立っていないので存在を知らなければほとんどのひとが素通りしてしまうだろう。(おそらく)ご夫婦で切り盛りしているようだ。
店内は薄暗く、本や珍しいインテリア、雑貨などが飾られていて店内は小さいながらも独特な個性や雰囲気を醸し出している。

カフェについてはまた後ほど詳しく説明するとしてまずは至高のプリンの写真を。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9376.JPG
台形プリン ¥350

そもそもこのカフェに来た目的がプリンだった。
ビジュアルからしてうっとりしてしまうこのフォルム。なんてそそられるんだろう…!


写真を撮り終え、スプーンを入れると「そうそうこのかたさ…!」(つたわれ)とまさにかためのプリンであることが分かる。ドキドキしながら口に含むと、甘さ控えめながらも、しっかりとしたたまご感とほろにがなキャラメルソースが絡まりあい、
なんて……なんて素敵なマリアージュ……!

(お酒じゃないけれど)

…と多少大仰に表現してしまったがこれは「美味しい」。

まさに至高のプリンだ。

因みにわたしの理想のプリンの傾向を纏めてみたので参考にして欲しい。

①かためである
②たまご感が楽しめる
③キャラメル・カラメルソースが甘過ぎない
④バランスが整っている
⑤ちょうど良いボリュームである
⑥できればフルーツやクリームが乗っていないシンプルなものであること

これだ。いわゆる「プッチンプリン」はプリンだと認めていない(好きな方ごめんなさい)

ただし誤解しないで頂きたい。とろけるタイプも嫌いというわけではないのだ!事実、一時期流行していた今はなきサークルK(コンビニ)のとろける窯出しプリンやパステルのとろけるプリンも美味しいとは思う。あくまでも好みの問題だ。

話を戻そう。台形のプリンは、まさに理想通りのなのだ。ここにフルーツを乗せたら華やかだろう。
クリームが添えてある店もある。でもわたしはよっぽど相性が良いということでなければごちゃごちゃうるさく…邪魔に感じてしまう性質である。
シンプルで良いのだ。

そしてこのプリンのサイズ感、ちょっと小さめでこちらの「もっと食べたい」という気持ちを絶妙に刺激してくる。ランチを食べ過ぎてしまった人も入るのではないだろうか※わたし基準

個人的にポイントが高かったもうひとつの点が、キャラメルソースだ。

素朴な甘さのプリンを引き立ててくれるほろにがな大人向きキャラメルソースが美味しい。わたしはキャラメル自体あまり…というタイプなので本当に好みというか、好きな味だった。

因みにその魅力的なソースの秘密は、濃厚なキャラメルソース+ビターなカラメルソースの二種を使った特製だからだそうだ。

小さく、バランスが良い故に、食べ終わりが寂しくて、少なめに掬って、ゆっくりと味わう。そんな楽しみ方が出来る。

非日常な空間に浸りながら、美味しいプリンが食べたくなったら、台形カフェに行くことを筆者はオススメしたい。

(ラムレーズンのトリュフ¥300も気になったのでもしデザート目的で来店したのならこちらも食べてみて欲しい)


コスパ★5
アクセス★2
美味しさ★5
雰囲気★4


…と、既にかなり長めだがデザートだけだとちょっと…折角なので食事もと思う方もいることだろう。合わせてランチメニューも紹介しよう。

ランチは二種類。

Aは季節のサラダ+鶏肉の赤ワイン煮込み+クスクス ¥1300

Bは季節のサラダ+キッシュロレーヌ+人参のラペ ¥1200

※ドリンクは含まず
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9361.JPG
サラダは見ての通りの具沢山。様々な味や食感が楽しめる。中でもわたしたちが来店した時には甘いサツマイモが入っていたのだが、これが美味しかった。一緒に訪れた友人が、石焼き芋等通常のお芋は苦手だがこれは食べられると感動していた。しかし、個性が強く少々変わっている味付けには違いないので人を選びそうである。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9363.JPG
Aの鶏肉の煮込み。友人がオーダーしたので一口しかたべていないが、やはり独特の味付け。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9364.JPG
こちらはわたしの頼んだキッシュだ。サクサクのパイ生地は軽く、下の層はほくほくのかぼちゃが敷き詰められており上にはキノコも乗っている。
美味しい。美味しいの…だが…甘め、というか。食事パイにしては塩味が足りない。

これも完全に好みの問題なのだがわたしはキッシュならお肉!!チーズ!!!といったおかず系、ハイカロリー系()が好きなのだ。

そこからはやや離れた位置にいる。
甘めの卵焼きや、甘いおかずが好きな方なら美味しく感じられるだろう。

それに、付け加えるならわたしの中の一番のキッシュロレーヌはもう決まっている。その紹介は、またの機会にしよう。

…と、いうわけで、サービスも良い、雰囲気も◎、デザートも美味しいのだがランチはいまひとつ、といったところだろうか。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9358.JPG
店内の様子。撮影許可を頂いた。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9355.JPG

まさに隠れ家系カフェ、といった入口。

ランチ自体のクオリティ ★2

ただし、プリンと同じく予約必須の夜のコースの評判も良いらしいので、それを食べるとまた評価の変動があるかもしれない。

ただ、かたいプリンは本当に絶品なので、好きな人にはぜひ訪れて欲しいお店だ。

台形 

東京都国立市中2-2-3

070-4111-1449


世のパンケーキブームはひと段落したような印象を受けるが、皆さんはいかがだろうか。

わたしはトロッとしたいわゆる「生っぽさ」がどうにも魅力に思えない。


勿論これは個人の好みによるところが大きいだろう。とろけるプリンより、しっかりしたタマゴ感のある、固めのプリン。とろっとしたスフレ系パンケーキより、ふんわりしっとりしたパンケーキ。

フレンチトーストの場合もそうだ。(とはいえ、好みが違う方にも情報提供をしていきたい。此処はそんな親切なブログなのだ。と言うわけで最後まで読んで欲しい)

ちなみに、パンケーキ派かフレンチトースト派かと問われればわたしは後者である。

★トロッと派にオススメフレンチトースト★
人にすすめられ訪れた CAFE AALIYA(カフェ アリヤ)。新宿三丁目の駅近にある、ちょっと落ち着いた、レトロな雰囲気のお店。わたしは雨の日に、一人で来店した。足元が悪い日は、駅からのアクセスが良いとありがたい。こちらで頂けるのは有名なフレンチプレートセット。お値段1000円以下だった気がするけれどよく覚えていない。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1958.JPG
因みに一緒についているスープはクラムチャウダー。

なるほど、たしかに美味しい。美味しいの…だが…とろとろを通り越してぷるぷるというか。本当に口の中で溶ける感じ。好きな人には堪らないだろうが、わたしには些か柔らかすぎる。でも、味が良いのは間違いないので、とろとろ派の人には此方のお店をすすめたい。

内装はこんな感じ。
花は私物のバックハンガーです。
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1957.JPG

外観。写真撮るのめちゃめちゃ下手だな!?
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1955.JPG
アクセス ★5
コスパ    ★3
居心地の良さ★3
好みの味か    ★2
見栄え     ★4

公式HPはこちら→ 
http://www.aaliya.jp/

〒160-0022 東京都新宿区新宿3丁目1−17 ビル山本B1F




★じゅわっと感、またはミコトの最愛フレンチトーストを食べてみたい方へ★


そして、本命。私が今まで食べたフレンチトーストの中で1番美味しいと感じたのはこちら。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9610.JPG
フレンチトーストです。名古屋観光ホテルの。
スイーツビュッフェに登場するやつです。これも人からすすめてもらったんですけどね!!!
ハロウィンシーズンに行きました。因みにこの時は2回目の来訪。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9605.JPG
ホテルビュッフェにしてはかなり小規模。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9606.JPG
ケーキもあるけどこちらは普通です。
_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9607.JPG
何が良いってとにかくバランスが良い。見た目はこんなに素朴なのに!!飾らないのに、気取ってないのに!美味しい!

こう、じゅわって感じ…。トロっと寄りではあるんだけど、ちゃんとパンの食感が残ってる。
パンとシロップと味のバランスが神がかってる。フレンチトーストの為だけにビュッフェに行けちゃう。それくらいにハマる。シェフを呼べ!いや、レシピをくれ!!!!!!!!そういうレベル。

※あくまでも私の好みの味という意

しかも私は知らなかったのだがこちら、テイクアウトが出来るらしい。しかも驚きの330円!!!!!

ブラッセリー&カフェル・シュッドのテイクアウトショップで買い求める事が出来るらしいのでフレンチトーストフリークの諸君はぜひ試してみて欲しい。

アクセス ★3
コスパ    ★5
居心地の良さ★2
好みの味か    ★5
見栄え     ★1


公式HP→ https://www.nagoyakankohotel.co.jp/restaurant_bars/jardin/

〒460-8608 愛知県名古屋市中区錦1丁目19−30


はじめまして。
と、いう方はおそらく少ないと思われますが。

ブログタイトルをアンケートで決めたは良いけどあれね、ラインブログは記事タイトルしか付けられないというオチだったかもしれない。

もしもブログのタイトルつけるやり方が判明したら変えますね。

既に文書がくどい。


久々にブログを作ってみようかなって思った理由なんですけど、私の記録用っていうのがひとつ。それから、(基本的に)美味しいものや劇の記録を綴っていこうと考えてるので、美味しいお店のオススメや劇のお誘いが増えたら良いなって淡い期待がひとつ。


いちばんはね、Twitterの140字じゃ埋まらないんですよ。私の食への愛が。

それならもうね、ここに書いちゃおうって。
文章は上手くないです。長くなってしまいがち。それでも良いよって方はお付き合い頂けると幸いです。

あ、なろくん。手軽なブログとしてラインブログを教えてくれてありがとう。

とりあえず朝ですし癒しが必要でしょう、うちのうさちゃん載っけておきます。
_var_mobile_Media_DCIM_104APPLE_IMG_4970.JPG

↑このページのトップへ