富士山🗻初登頂✨

想像以上に…キツかった😫💦
でも、想像以上に感動。

#小4男子#初富士山
#みんな元気 #うるさい #酸素薄いから喋るなと言っても喋る
#MAXまではしゃぎ #急激に落ちる
#の繰り返し
#ご来光 #サイコー



語り部・佐藤麻紀さん https://m.facebook.com/語り部-佐藤麻紀tips2号-261274844212850/
のお話を聞いた後は、ARを使った町歩き。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0446.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0449.JPG
高い建物には、避難場所の標識があります。
至る所に。


石巻の町はとてもきれいになっています。
インフラ整備も進んでいるようです。
巨大防潮堤には、様々な意見があるようですが、工事は進められているようです。

復興は進んでいます。
でも昔からそこにあったコミュニティは崩壊しました。ハード面は整えられるけど、人の心はどうだろう?前に進まなければならないけど、置き去りにしてはいけないこともたくさんあるんだなと思いました。


_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0448.JPG
午後は、牡鹿半島まで足を伸ばし、船に乗って牡蠣の養殖を見学。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0474.JPG
こんな支援もあります。
http://pbi.or.jp/kakinowa/

これも楽しそうだったけど、今回はできませんでした

http://www.onagawa.co.jp/taiken/

最終的に、長男船酔い(笑)

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0489.JPG

全日程お天気にも恵まれ、充実した旅になりました。
最後は松島泊で観光。


1000年に一度と言われる大災害は、それでもやはり時が過ぎると、人々の記憶から遠のいてしまいます。私のように被災を経験していない者にはなおさらです。
でも誰もが、忘れてはいけないことだと強く感じた旅でした。不幸な出来事としてではなく、自然災害とは切り離せない日本に住む限り、語り継がれなければいけない出来事だと思いました。


かけ足だった夏休みの小さな旅。
子どもたちは何を感じたかな。




こどもたち、夏休みに突入!
小学生母たちは、戦いに突入です。

今年の夏のやりたいことの一つに、東北旅行がありました。
今年の3/11、NHKの東日本大震災の特番に出させていただいたとき、被災地の方々は皆、現地に来て、現在の被災地を見て欲しいとおっしゃっていました。

「絶対行く」
と心に決めて、息子の学校のお友だちとと東北ツアーを計画。
実現できたことに、感謝です。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0521.JPG
岩手県一ノ関の猊鼻渓にも行きました。
癒されました。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0465.JPG
暑すぎてでグッタリもしました。
つむじが哀愁を漂わせます。

旅の二日目に石巻入り。

今回この旅をコーディネートしてくださったのは、ピースボートセンターいしのまき
の山元さん。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0676.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0680.JPG
まずは、石巻ってどんな町?当時3歳だった子どもたち。震災ってどんなだったの?
ということを知るためのオリエンテーリング。

当時の津波の映像を見て、当時から薄れることのないその衝撃に、一同絶句。

続いて、震災の体験を伝えてくださる語り部の佐藤麻紀さんにお会いしました。


雄勝の町で生まれ育った佐藤さん。
方言で、でも子どもたちにわかるよう、心を込めてお話してくれました。
母たち号泣。
子どもたちも何かを感じているのか、聞き入っていました。

佐藤さんは、
「被災地の人たち大変だな」
「かわいそうだな」
と思ってほしいわけではありませんとおっしゃっていました。
どんなことがあっても、生きていればなんとかなる。命を守るために、震災にあったときにどうしたらいいか家族の人たちとたくさんお話をしてください。それを一番伝えたいと。

改めて、防災、減災について考えさせられました。
少し長いので、次回に続きますね。




↑このページのトップへ