今朝の紅葉。
仙台では最後の紅葉ですね。
あとは枯れて土に還り、養分となり
また春に新芽がでます。

その自然のサイクルを
人生にも当てはまると結構ニュートラルに
なれるものです。

さて、美しくないものを見たあとに
こうした完全なる自然の美しさを目にすると、
心が洗われるというか、
その美しくないものに反応していた
自分の愚かさをも見せつけられるかのようで、
無言の戒めを頂いている気分です。

ここでいう美しくないものとは、
人の心の一部なのですが、
そういうふうに思えるのも、
自分の価値観や信念があるからなのと、
あとは、どこかにそういうのはいけない
という人をジャッジする心が
まだ、残っているからなのかもしれません。

ま、どちらにしても、いい悪いと白黒付けずに
ニュートラルな気持ちでいきたいものです。

最近、ニュートラル思考について
書いていなかったので、
日曜日のブログ記事でアップしますね。