_var_mobile_Media_DCIM_126APPLE_IMG_6083.JPG
やっと髪を切りました。
今回はボブ。

数ヶ月の間、
本のカバーの写真を撮るために、
髪を伸ばしていました。
中途半端な長さは
スタイリングが結構大変でした。

で、今朝はアンスピレッスンの日。
短い文でも間違わずに相手に伝える練習。
しかし、動詞とか名詞とか形容詞が
ごちゃごちゃになる…たとえば

やっと髪を切った

これを英文にすると、
I fainally cut my hair.
I fainally got my hair cut.

ね?合ってる?
こんな短い文章でも自信がない。
…けど、伝わればいいよ、
とも思ってます。

言い終わった後、
先生に「correct?」(合ってる?)
と聞くのが癖になりましたわ 汗

日本人は、間違わないで
伝えなきゃ、と思うので
東大出ても英語が話せない人が
いるのかもですね。

間違わないで言うことより
意味がなんとなく伝わって
会話が続くこととコミュニケーションが
取れることが、英会話なんだ、
と思ったら、なんかgrammarよりも
間違ってもいい、という許可なのかな?
と思ったり。

ま、勉強している限り
間違わないでいうのも大切だけど、
会話が続けばいいや…と思ったら
肩の荷がおりました。

今日からアンスピ8期生がスタート。
楽しんで苦しんでください。
3ヶ月後、こんなにがんばった日は
過去にはない、と言えるほどの
充実感を手にできることでしょう。

ということで、今回は時間がなくて、
アッシュのハイライトは入れられず。
4時間かかるって…
なので、次回もうちょっと短くして
入れてみようと思います。

本日の記事は、
悪口言う人よりも悪意のある人
…についてです。