UVEpSBDoCj.jpg

財産債務調書とは、
2016年から義務付けられた制度で、
簡単に言うと、持っている財産を
洗いざらい国税局に申告する、という制度。

この通知が来て、読んだときの
正直な感想は、「こわいわー…」でした。

通帳のお金も、タンス預金も、
不動産、山、貴金属などなど…の
報告義務があるそうです。

全員が報告義務があるわけではないです。
ある一定の基準に達した人のみが対象。

…が、しかし、こうやって、国民の財産を
国が把握するって、すごいな、と思います。
しかも、もし、提出しなければ
課税額が5%上乗せだそうで、
逆に、期限までに提出すれば
もし申告漏れがあっても
ペナルティが5%軽減だそうで、
国も提出してもらえる工夫を色々してる
みたいですね。


-自分のお金は自分で守る!-

なんて思っているお方で、
タンス預金に何千万とか貯めていても、
2024年にはお札のデザインが変わるので、
それまでの間に現金で使うか?
通帳に入れるかしないとですね。


どんどんキャッシュレス化が
進んでいるので、タンス預金持ってる人は
ちょこちょこ通帳に入れて、
クレジットカードで買い物したほうが
ポイントも貯まるし、いいのかな、
と個人的には思います。 

かと言って、それがものすごい多額だと、
どっからそのお金もってきたんだ?
ってことにもなりかねないような
気がします。


脱税で捕まってる人々も多いので、
会社をやってる人は、
大きなお金の流れは
怪しまれるかもですね。
通帳に入れてるからわからない、
なんてことはなくて、通帳に入れてても
スケルトンな感じがします。


数年前に、マイナンバー制度ができ、
定着するはずがない、と
個人的には思ってましたが、
定着しつつあるし、
そうやって、国民の財産は国に管理
されている、ということです。

弊社で海外から買い付けた
アパレルのお金ですら、 
支払いが超面倒で、調査が必要、
と言われましたし、さらに
インドへの寄付も、サクッと出来ず、
まずはあちらの銀行の
住所やら支店住所やら調べて、
可能かどうか調査してからになります。

海外への持ち出しのお金に関しても
厳しくなっている時代なんでしょうかね。
お金に関して本当に本当に疎いので、
勉強しないと…といよいよ思いました。


本日の過去記事は、
悪口は言わないに越したことはないのですが、
吐き出し、という意味では、心の中に
貯めておくよりも、正しく消化する
方法を身に付けておくと良いと思います。
ま、本人にいうのが一番いいですが。