b29pjFBfo8.jpg
手紙というのは、
いつの時代もうれしいものでして、
時々我が家に届く皆様のお手紙、
すべて目を通させていただいております。

お一人お一人お返事できずに
申し訳ございません。

しかし、パワーにしております。

感謝や思ってることを
伝えられるって、こんなに
うれしいものだと、実感しますと、
もっともっと私たちは相手に
思っていることを伝えた方が
いいんだな、と、このお手紙で
改めて感じました。

健さんの、Dear Kenをお聞きになり
お手紙くださったその内容は、
私が今後やろうと思っていることの
背中を押すものでした。

こちら男性は過去に、女性向けと思っていた
私の本を読んだことがあっそうですが、
内容は、男女問わないものだった、
とありましたが、今後の方向性としては
やはり男性にも読んで欲しいものです。

著者としてのスタートが
美人シリーズの女性向け、ということで、
本も全部女性エッセイみたいな
立ち位置でしたが、生き方や
人生、メンタルを主に扱っているので、
女性エッセイというわけでは
ないんですけどね。

今回の直感の本も、最初は、美人の…
という路線になりそうだったので、
違和感しかなくてね。

今思えば、仮タイトルが、
美人の…だったので、
直感と美人が結びつかず
全然書けずにもがき苦しんだのかも
しれません。

当セミナーには男性率が
低いのは確かなのですが、
彼や旦那さんと一緒に来てくださる方々
以前よりも増えましたので、
うれしいです。

一通の手紙から、
今後の方向性をちょっと
考えるきっかけを頂戴いたしました。

今後はもっと男性側気軽に
来れるように、ハードルを低めるために
できることを、考えたいと思います。

男性の方々で、何年も前から
変わらずに応援してくださってる
皆様にも心より感謝申し上げます。


本日の過去記事紹介です。
1年前の記事ですが、
大切な記事です。