月別アーカイブ / 2020年02月

6plm1X9nlm.jpg
私はマスクなくても困りませんが、
マスクは感染予防、というよりも、
感染させないためのものであって、
実際危険なのは手。
空気感染ではないのでね。

手にウイルスついて、
それが目に入ったり口に入ったりで、
そこから感染するわけで。

やるべきことは
耳タコでしょうが、手洗いうがい、
そして免疫力高めるために、
私がしてることは、

よく寝て、よく遊び、よく笑う

さらに、私はサジー飲んだり
緑茶飲んだり、水を多めに飲んだり。
日本はもうコロナだらけのような
気がしてます。

いちいち、どこどこの県でまた発症者が…
なんて、無闇に恐怖心を煽るような
ことばかりメディアで言って、

だから、マスク売り切れるわ、
除菌剤も売り切れるわ、
昔のオイルショックか!って感じで
とりあえず、トイレットペーパーは
売り切れてないからよかったけど。

現実的な対処を正しい知識のもとで、
しっかりしつつも、あまり怖がらず、
平常運行でいきたいものです。

本日の記事は、
皆さんあまりご興味ないでしょうが、
私の恋愛の価値基準に関して。
SEX AND THE CITYの
登場人物の中で嫌いな人がいます。
そのわけは…




_var_mobile_Media_DCIM_119APPLE_IMG_9179.JPG
一年前に決めたこと。
それは、出版のために使っていた力を
カオラボに注ぐこと。

それくらい、カオラボは思い入れの
強いものとなっています。
現在カオラボのメンバーは
約3650名となりました。

出入りはあるものの、増えていまして、
しっかり取り組んでいる人々は
すでに効果を感じていることの
感想もたくさん頂戴しております。

影では、入金チェックなどを
毎度毎度行い、カードが切れている人に
案内メールしたり、未入金の方に、
ご案内したりと、影なる働きがあるので、
こうした運営が出来ております。

昨年のこの大きな目標が果たせ、
今年の大きな目標も叶えられるように、
自らもカオラボの人生を変える質問を
真面目に書き出し、取り組んでいます。

昨年決めたことの中に、
出版に使っていたエネルギーを
カオラボに注ぎたいので
執筆をしない、と決めましたが、
なんだかんだで、今年は3冊になりそうです。
文庫と手帳と秋に一冊。

前は5冊でしたので、
それでも減りましたが、
来年は、手帳と文庫のみにして
新たな本はお休みしたいです。

しかし、それでもやはり
ブログは毎日執筆ですし、PDFも執筆。
執筆、執筆、あー執筆…笑

私は書くために、人生の後半は
費やすのかもです。
ま、話すよりいいですが。

しかし、それがあったおかげで、
皆様とも繋がれたことを考えますと、
その道にいざなわれたのは、
運命だったのかもしれないと
思っています。

いつもありがとうございます。

YNiwNa8iyX.jpg

本日の過去記事紹介は、
2年前の記事ですが、
容姿叩き、ありましたよ。
そして、出版の話もちょいちょい。

JqUJVZuqaT.jpg
いつもソファのあちら側から
こっちを覗いているTED 笑

ただいま、仙台吹雪いています。
家の中にいる分には
心地が良いのですが、
私は若い頃、外での営業や
ガソリンスタンド、ダスキンの
ルート営業などもしたことがあるので、
外で仕事をしている人の身になると、
大変だな、と思います。

私は外で働いて結構大変だったので、
30才頃の時から自宅で仕事をできる方法を
探すことにしました。
かならず方法はあるはず、
と思いました。

だから今の自分があります。
その頃からアンテナが立ったのですね。

今は、ネットがあるので
在宅で仕事をするのは
簡単な時代になりました。

副業がオーケーになった
企業も多いですね。

これからの資産や財産は
お金ではありません。
稼ぐ力となります。

金融危機が迫っている今、
せっせと貯金しても、このさき
政府が個人の資産をどうにかする
可能性だってありますしね。

大切なのは、健康と稼ぐ力。
そうした知恵さえ有れば、
老後の不安も持たなくてもいいですし、
動ける限り、お金を生み出す力さえ有れば
どうにかなります。

今あるお金は、自己投資して
誰にも奪われない知恵を
身に付けるために投じたほうが
身のためです。

私はシングルですし、
子供もいませんが、老後に1ミリも
不安を持っていないのは、
動ける限り、話せる限り、
お金は生み出せる、と確信したので、
貯金も投資も不安もなくなりました。

雪を見るたびに、
ガソリンスタンドで、吹雪でも
外に立ってお客様の車が来るのを
待ち続けてたことを思い出します。

雪がワイパーのところに詰まって、
お客が「ワイパーの氷取って」と
私に頼みます。

指先真っ赤にしながら、
「全部取れてないでしょ。
ちゃんととって!」と平気で
二十歳にもなっていない私に頼みます。

手が冷たくて、冷たくて…
スタンドで一緒に働いていた
高校生のバイトのにいちゃんが、
「ワタナベさん、いいよ。替わるから」と
手が冷たいのは同じなのに、
替わってくれたことも思い出します。

全ての経験が、今につながるので
本当にいい経験でした。

本日のアメブロは、
逆算思考について。
これに慣れると人生も思い通り!




↑このページのトップへ