月別アーカイブ / 2019年05月

7tFSTtZnB5.jpg
サプライズは続き、
今日はエロい下着がとどきました。
エロいゆうな、てな感じで、
セクシーなブラックの下着です。

ブラックの下着を辞めてから、
随分経ちますので、かなり新鮮!
これは私にとっては勝負下着ですね。笑

送り主は読者さんで、
本当に心根が美しい
女性からのプレゼントでした。

一筆箋に美しい文字で書かれた
その言葉たちを拝読しましたら、
美しい文字たちがしなやかに
川を流れている感じがするほどです。

まさに、本日のアメブロの記事の
ようなお方でして、その方からの
プレゼントが、下着ー?

ちがう意味でもサプライズでした。
ギャップとでも言いましょうか…
なので、嬉しかったのです。

箱を開けた途端、
女性らしい声が久し振りに出ました。
いつもなら、驚きの声は、

おおおーっ!

…とかなのに、今日は
キャーッ!って
いっていましたからね。笑

レースのTバッグを履きますと、
ヒップを引き締めておかなきゃ!と
気まで引き締まります。

52歳独女でも、
女を捨ててはなりません。
心はオッサンでも、器はまだ女性に
見えているうちは、外側にも
磨きをかけていかないとですね。

美しいレースの下着を
見るだけで、心まで美しく
女らしくなるような気分です。

いつか、めっちゃエロいシルクの
下着を作りたい、とも思ってます。

補正力、ゼロ!笑 
ただ、ただ、レースでエロいだけ。
…みたいなのを。

ただ、そのシルクのランジェリーを
まとうだけで、本当に気分が上がり、
女性性が満ち溢れるみたいなの。

ブラとTバッグとキャミソールと
ついでにローブ。

部屋着で着ていたら、
旦那さんも目の保養になるかもです。
気分は叶姉妹で。笑


本日のアメブロは、
真の美しさってなんだろう?
…という点。あくまでも私の観察の結果です。

73HTeeHn4R.jpg
今年の誕生日は何回あっただろう?
サプライズが。

まだ誕生日でもないのに、
もう、何回も誕生日を迎えた気に
なりました。

今月に入ってから、お花を頂戴したり
プレゼントを頂戴したり、
ケーキが出てきたりなど、
記念日も誕生日もクリスマスも
疎いわたしに、サプライズが
何度もありました。

今日も私の最愛の友が、
急に家に立ち寄ってくれました。
宮城に住んでいない友人なので
本当に本当にサプライズで、
見ただけで泣けてきました。

泣けてきたのは、
うれし泣きではなく、
彼女がつらくて大変な状況でも
がんばって前を見て強く立っている
その姿に泣けてくる。

その美しい姿に感動すら覚えます。
私もそんな人でありたい、と
彼女をみて思うのです。

今年はいいことも悪いことも、
ある意味サプライズなことが
起きたりしていますが、
悪いことに関しても、
楽しめるようになっているのが、
私にとっては進歩です。

ある意味、人生、
サプライズばかりですね。

いいこともそうだし、
よくない出来事も見方を変えれば、
教訓になるので、サプライズギフト
かもしれません。


仲が良くても急に態度が
激変する人が世の中にはいます。
びっくりするかもですが、
それもまた良いことなのかもです。





fff0tirTnX.jpg
6年?え?もしかして7年かな?

飽きっぽい性格ゆえに、
買った年にヘビロテ(死語 笑)して、
翌年、飽きて全く着ない、
という傾向がわたしにはあります。

しかし、このニット、流行りがないのと、
作りがしっかりしているので、
手離さないでいましたら、
数年経って、またこうして
着用機会が訪れる。

こういうことがあると、
捨てられなくなってしまいますが、
これに関しては、ホント、
トレンドが全くないものに限りますね。

ここ最近は、一旦流行ったものが、
何年も続く、という傾向があるようで、
シャツもえり抜きが終わったと思ったら、
また今年流行り出したり、
ワイドデニムはずっと続いているしで、
トレンドは長くなっている感じがします。

デニムに関してもShizさんも
おっしゃっていましたが、
どのカタチを履いてもOKな年。

ただし、ダメージドデニムは
今年はあまりないようで、
キレイ目がいいみたいです。

今回、弊社が作ろうとしているのも
どちらかというと、ずっと
流行り廃りがないスタンダードなカタチ。
しかし、サイズと色を変えると、
カジュアルにも見える、
そんな不思議なデニムを考えています。

Shizさんの買い物同行で、
ドッサリ買いましたので、
来年の夏くらいまでは、
持ちそうです。

要らないものを
買うことがないので、
逆に節約かな、と思います。

ほら、服がたくさんあっても
着るときに、ないない病、になりがちな
私にとっては、買い物同行は大事ね。


本日のアメブロは、
あなたの望むところにいくこと、
についての記事です。



↑このページのトップへ