月別アーカイブ / 2019年05月

xlUVoYXant.jpg
産みの苦しみ、といっても
大変なのは、システムを
作ってくださっている人です。

私はランディングページの
文章を作り、ブログの募集ページを
作るだけなので、楽ですが、
裏でシステム作ってくれる人は
100倍大変です。

このシステムを拝見いたしまして、
ど素人の私でもわかるほど、
すごいシステムなんだと、
しびれるほどでした。

昨日は何度、
「すごくないですかぁーっ!?」と
言ったことでしょう。

彼は「最初が一番大変なんですが
出来るだけ、手間がかからないように
システム作ります」と
おっしゃっていました。

まだ募集に至っていなくて、
皆様にはお待たせしております。

今月末に配信予定ですが、
最初の配信までには
募集期間は2週間ほどしか
ありません。

なので、募集ページを見ましたら、
直感でどうぞ。

2週間も悩む必要はありませんで、
なんでも最初の感覚が、
潜在意識の答えなので。

やってみたい!
興味がある!
と思ったらそれが答え。

募集ブログを読んで
なんかピンとこない…が
最初の答えならそれが答え。

人生を変えるものって
色々ツールがあります。
成功する方法も沢山あります。

オンラインサロンでは、
細胞と意識が化学変化していけるような
動画やPDFでのワークを提供
していく予定です。

テーマは色々ですが、
人生の中で不可欠な情報、
痒いところに手が届くような
そんな内容の提供を考えています。

あとちょっと…
あとちょっとです。
お待ちくださいませ。


今日の過去記事紹介は、
つい他人をコントロールしたくなり、
あれをやりなさい、これをやりなさい
というお節介おばさんが時々出没しますが、
自分と他人の価値観は違う、
と知っているのに、ついやらかす人がいます。
自分と他人の境界線がわからないと
痛い人になるので、要注意です。












KVZgvdLbcO.jpg
新緑が美しい季節ですね。
いつも目にする木でさえ、
成長する季節には
パワーを感じます。

話は変わりますが、
最近、カメラ女子も多くなり、
プロ顔負けの写真が撮られてる
人々も多いのと、それに伴い、
画像をあちこちから引っ張ってきて、
無断使用されている人々もいます。

素人が撮った写真も
著作権がありますので、
勝手に使用してはいけません。

弊社がブログに使用している画像は
画像会社から有料で購入したものか、
または自分で撮影したもの、
または完全にフリーで、出典元なども
明記しなくてもよい会社の画像を
使用しています。

今から12年前ですが、
画像販売している会社の、
ウォーターマーク入りの画像を
ブログのイメージ写真として
勝手に使ったことがありました。
ウォーターマークとは、薄く会社の
クレジットが入っているもの。

当時、まったくネットリテラシーもなく
ウォーターマークがついているものは
会社の宣伝になるから使っても
いいのかな、と思い毎度使っていました。
知らずに法を犯しているなんて、
無知って怖いですよね。

ある方から指摘が入り、慌てて
過去ログ約1年半ほど遡り、
全てのウォーターマーク入りの画像の
削除をいたしました。

当時、別に著名でもなんでもない
私でしたが、それをみた人が、
やってもいいんだ、と誤解し
著作権を犯した人を
増やしたくなかったので、
大変面倒な作業でしたが、約1年半分
600余の記事の画像の削除作業をしました。

現在アメブロで使用している画像で
弊社のクレジットを入れているものは、
弊社が購入したものなので、
他者が使うことはできないのと、 
また当然のことですが、他人も使えません。
誰かが撮った画像も同じです。

LINEブログの画像はすべて
私が撮った写真となります。


これまた10年以上も前のことですが、
とある出版社に、ファッション雑誌の
表紙を撮って、ブログにアップして
よいかどうかを、尋ねたことがありました。

当然よいだろう、と思ったのです。
雑誌の宣伝になるからです。
でも一応聞こうと思いました。

しかし、驚くことなかれ、
答えはNOでした。びっくりでしょ?

普通にみんなやっていますが、
モデルのプライバシーの侵害と
カメラマンの著作権侵害に
当たる可能性があるのでダメ、
と言われました。

私は現在でも、雑誌やムック本、時々
ファッション誌の表紙、載せてますよね?
それは、自分が取材を受けたとか、
執筆したもので、出版社に
許可を得てしていることです。

※重要追記
私の本やカオルンダーなどの
画像をとってのSNSへのアップは
問題ございません。
まずは、装丁に私が載っていても
それを載せたことでプライバシーの
侵害にはなりませんし、拙著の紹介は
出版社にもOKを頂いておりますので
誤解なきよう、追記させていただきます。


さて、時代の境い目にあり、昨日や今日は
天皇陛下の退位礼正殿の儀の模様が
テレビや、その後の新聞、ネット新聞
などでも広められています。
そして、時々SNSでもそれらの画像が
目に入ります。

その際に、やはり気になるのは
天皇陛下の画像の無断使用。

皇室の方々は、公人ですので、
誰かが公の場で撮ったものに関しては
SNSなどで載せて一概にダメ、
とは言えないそうですが、
メディアから引っ張って勝手に使用
することはできません。
出典元を示してもダメのようです。

新聞社からの画像使用は、
新聞社に問い合わせて、使用許可を得て、
お金を支払って、やっと使用できるようです。

しかし、誰かが無断使用していて
それを見た人が、やってもいいんだ、
と思い、またそれをする人がいる。

ま、そんなこんなで、
昨日今日は、時々SNSで見かける
皇室のお方々の画像が気になりました。

私自身もわからないことがまだまだあり
厳密に言うと…と言う部分が
何かやらかしちゃってることも
あるかもしれないので、調べながら
でもありますが。

ちょっとだけ、有名な人がそれを
してしまうと、そうではない人は
右習えしてしまうことがありますので、
私もやらかさないように、
調べながら注意していきます。

さて、本日の記事は、
丁寧に生きることについて。
丁寧と言っても私の場合は、
いつ死んでもいいように、
精一杯生きることも意味していますが。
丁寧に生きるだけですべてが
うまくいきます。


↑このページのトップへ