月別アーカイブ / 2017年05月

vJAdJy28Wk.01.00.jpg
考えごとをする時、
またはひらめきが欲しい時は、
水のあるところをお勧めします。


海とか川とか温泉とか・・・
お風呂のお湯でもいいですね。
できれば流れている水、
動いている水のところがお勧め。


思考が動くのか、
さらに言えば水の音が浄化作用になり、
自分の中にある黒いものが吐き出された後、
そのスペースを埋めるために
何かが湧いてくる、そんな感じです。


2015年末に、
とんでもないことがひらめき、
これまで長年やっていた、すべての
コーチングセッションをやめ、


さらに弊社のメイン収入でもあった、
音声プログラムを休むという決断も
ハワイの美しい海をただただ
ボーーーーーッと眺めている時に
湧き上がってきたことでした。


水のあるところをお勧めしましたが、
思考というのは、いつもの場所だと
いつもの思考経路ですが、


違う場所だと、
磁場が関係しているのか、
違った思考や違ったものが湧き上がるので、
新しいひらめきが欲しかったら、
場所を変えることをお勧めします。


●オーディオプログラム一覧

●著書一覧
LINEブログ ワタナベ薫オフィシャルブログ

Instagram kaoru4374
Facebook ワタナベ薫
Twitter ワタナベ薫

あなたのLINEに
ブログ更新のお知らせが届きます。
よかったら友だち追加してね。

  友だち追加    

FullSizeRender.jpg
昨年末、
ブランド物諸々を手放したとき、
4つの時計も一緒に手放しました。
この時計だけたった一つ残しました。


今思えば、5つも時計を
持っていたってことですね。


シーンごとに使い分けてはいましたが、
結局、使うのは普段使いと
ドレッシーやかしこまった時の
二つしか使っていないことに
気づきました。


手放したその直前だったか、
その後だったかに、
年に一度しか会えない友人と一緒のときに、


その彼女の運の強さと
メンタルの強さにあやかる意味で
そして、これから自分の
新たな未来を刻んでいこう!


という決意のもと、
一つだけ存在感のある
メンズの時計を迎えました。


時計好きな私ではありましたが、
今はたった二つだけ時計を持っています。
そのうちまた欲しくなるかもですが。


気分を変えたいとき、
髪を切ったり、引っ越ししたりなどが
勧められますが、私は
時計の買い替えをお勧めします。


また新たな「良い時」を
刻んでいこう!のつもりで・・・


しかも、いい時計を持つことは、
ビジネス運アップにも上がります。
これから仕事を頑張ろうと思われている方、
頑張ったご褒美に!好きな時計を一つ
自分へのプレゼントもいいですね。


この画像の時計は、ほとんど出番なし。
勝負の時だけ使っています。
勝負もほとんどないんですけどね。


普段使いは、
メンズの時計が気に入っているので、
そっちはデイリーです。


最近は、時計も煩わしくて
ファッションの意味合いだけですが、
それでも、ビシッとスーツをきた時は、
なんか時計をしたくなりますね。


「この時計、ホシーーー!」
というのがあると、なんだか仕事も
がんばれそうですね。

あなたのLINEに
ブログ更新のお知らせが届きます。
よかったら友だち追加してね。

  友だち追加    

FullSizeRender.jpg
おぼろ月夜

菜の花畑に 入り日薄れ
見わたす山の端 霞深し
春風そよ吹く 空を見れば
夕月かかりいて におい淡し

=====

声を出して、このおぼろ月夜を
1番と2番を歌ってみたら、
なぜか瞳がジワワとなりました。


なんでこんなにも昔の日本の歌って、
美しいのでしょうね。


実家に行った時に、
モモが眠っている場所の奥に、
こんなに菜の花が咲いていました。
毎年咲いていたのかな〜?
知らなかった・・・


何も手入れをしていない
ボーボーのままの場所ですが、
それでも何だか温かさがあるというか、
こんな贅沢な場所で、のびのびと
育ってきたんだ、と思うと、
ありがたい気持ちになります。


子供の頃の性格が今一番
出ているような気がします。
やんちゃで、人の目など気にせず、
大暴れで、勉強大嫌い、
生きたいように生きる。


私は、10代後半から40歳くらいまで
生きているのに死んだかように
生きてきました。


一番の青春時代に、まるで
縄で縛られたかのような
生き方を長年してきたのです。


しかし、途中から行き返り、
その幼少時代の本質が
まだ残っていて、というか
それが今発揮されていて、
若き頃に青春できなかったので
今、やんちゃに大暴れ
させていただいています。


親がこういう自由奔放に
のびのびと生きることを
許してくれたから今がある、というのが、
やっとわかる年頃になりました。


年を取らないとわからないこともあり、
年を取ってもわからないこともあり、
でも、できればせっかく長年、
生きているのだから、色々と
知りたいな・・・と思う今日この頃。

=======

●オーディオプログラム一覧

●著書一覧
LINEブログ ワタナベ薫オフィシャルブログ

Instagram kaoru4374
Facebook ワタナベ薫
Twitter ワタナベ薫

あなたのLINEに
ブログ更新のお知らせが届きます。
よかったら友だち追加してね。

  友だち追加    









↑このページのトップへ