月別アーカイブ / 2016年11月

FullSizeRender.jpg

ユニクロで、
リブニットを買ったー。
流行り廃りがない、
特別感がないニット。


色は、品があるグレージュ。
レザーのミニスカートと
黒のストッキング、そして、
パールのネックレス、
そして、スウェードのパンプスで
お姉さん風に・・・


で、なんかこのニットが
着やすかったので、
もう一枚ホワイトも色違いで買う。


トップスの色が違うだけで、
あとは全部同じでも、
なんか全身違う感じになるのがいい。


悩みたくない時の
コーディネイトをもっておくと、
朝の時短になる。


あとちょっとだけ特別感を
出したいときは、いつもより、
ルージュは赤が入ってるはつを。


私は、いつもルージュは、
ピンクベージュばっかりだから、
ちょっと色味があるのをすると、
「メイク変えた?」とか
「気合い入れてきた?」
ってがくらい、なんか変化があるから、
ちょっとだけちゃんと感を出したいときには、
ルージュを濃い目にすべし。

友だち追加

FullSizeRender.jpg

40代後半になってから

ハーブティーがはじめて
おいしいと感じることが
できるようになった。



以前はね、

ハーブティーの何を飲んでも

おいしいと感じることができなかった。



ティータイムは、

ほとんど珈琲なんだけど、

無性にハーブティーが

飲みたくなる時がある。

 

おすすめはリオさんとこの

ハーブティー



そして、ここに来たら、

絶対ハーブティーをオーダーする、

という場所もあったりする。

それは、新幹線の中。



グランクラスでは無料で

食事と飲み物が提供されるわけだけど、

お酒をオーダーすることはほとんどなく

割合にしたら1割にも満たない。



9割以上は、ハーブティをいただく。

しかも、おかわりも。



家にいるとき、

体の中を浄化させたい気持ちに

駆られた時に、なぜかハーブティを。

 

なぜハーブティーなのかは、
よくわからない。



でも、ハーブティがおいしい!

って感じられるようになった自分。

ちょっと大人な気分。

 

実年齢は十分すぎるくらい大人、

初老と言われる年代なんだけどね(笑)
嗚呼・・・初老か・・・ 



贅沢な時間を過ごすのに、

ハーブティーって、なんとなく

かっちょええって、感じ。

 

そんな少し自分に酔いながら、

いただいたゴディバのオランジェを

3本食べる。



ああ、うまい・・・

 

このティータイムを活力に

さてまた書くとするか。

あ!もう来年の春に出版する

本の執筆にのんびりとりかかってまっす!

 

友だち追加

IYcnL7he5K.jpg

冬の時期にバイクは
本当に寒くて、いや、
冷たくて、いや、

むしろ痛くて、

長時間乗っているのは無理。



本物のバイク乗りたちや

バイクを愛している人たちからは、

そんなの本当に好きなんじゃない

って言われそうだけど、

私の場合はただのアクセサリー化

しているのかも。



それでも、
ブランドのバッグよりも

輝くジュエリーや時計よりも、

私にとってこの黒光りしたバイクは

眺めていたいモチベーションがあがるもの。



完全におもちゃ化してる。



人はそういうものを

何かしら持ち合わせていると

人生に色味が一つ加わるような

感覚になるんじゃないかな?と思う。



20年前、LAのハイウェイで見た、

渋いおっさんがハーレーに乗って、

ババババババ・・・・と

かっこよく走っているのをみたのが

きっかけで、結局免許を取ったのが

それから18年後。



後悔まではいかないけど、

もっと若いうちにやっときゃよかったなー!

って思うもの多々あり。



今からでもできるけど、

若いうちだったら、その後の人生

もっと豊かに長く生きられるわけだから、

やっぱり若いときのほうがいいかな。


そう思うと、
今思っていることも
すぐに動かないと
もしかして、
10年も差がでるのかもしれない。
 


やりたいことを言い訳していたあの日、

もし20代、30代の自分に会えたら、

往復ビンタして、
「動けー!」

と言いたい。



そして、今、その年代の人へ

「動けー!未来は明るい!」 

↑このページのトップへ