月別アーカイブ / 2016年10月

IMG_6749

最近のカメラは面白いなー。
よくできているでしょ?
まるで本物の帽子をかぶっている
みたいに写っているし。


今でこそ日本も、9月末ぐらいから
ハロウィンだらけになったけど、
子供の頃なんてなかったし。


日本は、ハロウィンの盛り上がりなんて、
ここ4、5年じゃないかな。


我々の子供の頃なんて、
中学校の英語の教科書に、
外国にはハロウィンという習慣があってな、
かぼちゃくりぬいてランタン作って、
子供たちが仮装して、 家々を回って
Trick or treat! 」 って言いながら
お菓子をもらう習慣があったそうな・・・


・・・みたいな程度しか知らず、
外国は奇抜よのぉ〜、
なんてくらいにしか思っていなかったけど、
最近日本では、仮装パーティー かなんかで
盛り上がっている。


いろんな海外の習慣が日本にも入ってきたけど、
結局は、こういうこと。
毎月何かにつけて楽しみにたい。


「♪〜1月は正月で酒が飲めるぞー
酒が飲める飲めるぞ!酒が飲めるぞー♪
2月は豆まきで酒が飲めるぞ〜♪
酒が飲める飲めるぞ!酒が飲めるぞー♪
3月は・・・」なのかもね。


理由がないと騒げない、という
日本人の生真面目さなのかも。


もう、年がら年中、休日、
サプライズ、プレゼント(自分にね)
大掃除(大掃除じゃないけど)、
みたいな生活だから、行事やイベントごとに
全く興味がなくて、何も祝ったことがないけど、
気の合う仲間とそんな楽しみ方もいいのかもね。


======

アメブロ美人になる方法
今日の記事は・・・
「なんでもあり」
 

14705206_1212209582178729_5968240937673949184_n

Instagramより

カタログでキャメルのシートに魅せられて、
欲しいと思ったが日本には
在庫が一台もなかった。
シートの色は赤か黒かこげ茶のみ。


さて、どうする?
赤で妥協するか?
妥協すればすぐ手に入る。


もし、アメリカ全土から
探してもらうとしたら、
輸入やらなんやらで時間もかかる。
乗るまでどのくらいかかるかわからない。
というか、あるかどうかもわからない。


こう言う場合の選択は決まっていて、
すぐ乗りたい、という
欲望のほうが大きいのか?
それとも、好きなカラーを
所有したいという欲望のほうが大きいのか?


天秤に乗っけてみると答えはすぐにでる。


私の場合は答えはいつも決まっていて、
待ってもいいから好きな色のが欲しい!と。


こういうことって結構うまくいって、
アメリカでも一台しか残ってなくて、
その一台が私のもとに来ることになった。


レザーのキャメルが好きすぎて、
この度のリフォームも
インテリアのメインは
キャメルカラーのレザーのソファ。


キャメルの色は
贅沢な気分にさせてくれます。

FullSizeRender

家でネイルチェンジ。
ゆかちゃんは、本当に丁寧で
もうかれこれ4年もお世話になっている
ネイリスト。出張ネイル、
ヒキコモラーの私にとっては
本当にありがたい。


いつからこんな風に
なってしまったのだろう?
家からでたくない症候群である。
いや、元々の資質だったのかも。


子供の頃は、
確かに一人遊びをよくしていたっけ。


若い頃は、
結構活発に人と交友していたし、
グループでどっかに遊びに行ったり、
今では信じられなんだけど、
家で十数名読んでお食事会
(持ち寄りだけどね)なんてことして、
我が家を提供していたりしてたのに・・・


思い出してみると、その頃の自分は、
結局無理していたことがよく分かる。


ここ数年は、
できるだけ人様の前現れたくなくて、
日本でのセミナー開催もやめ、
同業者から見れば、本当家で何やってんの?
と不思議がられるくらいだけど
(毎日ブログ書いてんだけどね)、
できればもっともっと家にいる割合を
多くしたいと思ってて、
数年先の予定までなんとなく考えてる。


だから、家で誰にも会わずに、
執筆ができているのは本当にありがたい。


それができているのも、
ブログを読んでくださっている
読者さんたちのおかげでもあり、
陰ながら私を支えてくれている人々の
おかげでもある。


さらなるヒキコモラーを目指し
(まだまだ先の話だけど)、
今その基盤を整えるべく、
動いていきたいと思ってもいる。


今は、物販という新しい世界に足を
突っ込んだわけだけれども、
新しいことを学ぶ、というのは、
本当に本当におもしろい。


これからもっともっとおもしろいことに
なっていく青写真はもう出来上がっているので、
自分だけが肥えるようなシステムではなく、
関わる人が経済的にも豊かになれるような
システムなんかも考えてる。 

↑このページのトップへ