今治
画像は、弊社の
今治プレミアムバスローブ。
3年ぶりにバスローブを新調。


3
年程度では廃れるものではないんだけど、
リフォームに伴い心機一転したいと思い、
クローゼットを整理している時に、
思い切って新しいのをおろしてよかった。


今治タオルと言ったら、
みんな同じかと思っていると思うけど、
違うんですわ。これ本当に。


ふわふわ度が全く違う。
携帯画像では伝わらないのが
残念なんだけど。


そして、このクオリティの
バスローブは唯一の物。
あ、ごめんなさい。今買えません。
人気すぎて欠品中なのと、
弊社のサイトのお片づけ中。


「買えないんですけどー」の
お声をちらほらありますが、
早く復旧するようにします。
本当にごめんなさい。


話がそれたけど、
女性は肌感覚というのが敏感で、
寝具や着用するもの、下着、
そして、デイリーで使うタオルなども、
肌さわりがいいものを求めたがる。


これって脳にいいんだろうな、
と本当によく思う。


このふわり感を着用すると、
「し あ わ せ ぇ ~」の脳内信号と、
さらには、なんか自分から発する
周波数がガラリと変わる感覚がするから。


日本人はバスローブの文化はないと思うけど、
いや、もうね、あると本当に便利。


特に私は素っ裸で寝るから、
お風呂上がりから寝るまでは何も付けずに、
バスローブで寝るまで過ごす。


この肌触りの良さの心地よさを感じるまま、
眠りにつける幸せったらないね。


って、弊社のバスローブ自慢しちゃいましたが、
世界にやっとはばたける喜び。
「バス子ちゃん、とうとうお嫁入りだね。
お母さん、嬉しい・・・」みたいな感じ。


あ、バス子ってバスローブの相性ね(笑)


お高いものだけど、
どこにお金をかけるか?
というのは非常に重要でして、
こういうデイリーのものにお金をかけるって、
私の感覚でいえば、将来の自分も
変わると思ってます。


セルフイメージ向上ってことで。

IMG_6889

生まれて初めてのiPhoneケース。
「最近iPhoneが傷だらけになってきたな〜」
と思っていたところに、
私の元に来てくれたiPhoneケース。


iPhone
ケースは使わない派で
ここまできたけど、とうとう、
超お気に入りとの出会い。
しかもあるお方からのプレゼント。


「ワタナベさんには
絶対にパイソンかと思って。i
Phone
7に機種変出るまで
使ってください」と言いながら、
ご本人はiPhoneS


え?5Sでもなくて、5でもなくて、
S・・・すごい・・・
なのに私にはこんなに高価なものを・・・


そんな背景を知ると、
本当にありがたい気持ちで
いっぱいになる。


このケースは、
ロスのデザイナーさんが使っている
人気のケース、BANDOLIERというブランド。


IMG_6890


ストラップが付いていて、
斜めがけでき、さらには、
クレジットカードが入れられるので、
そのまま出かけることも
できてしまう優れもの。


って、なんだか嬉しすぎて
BANDOLIERの回し者みたいな
書き方になってしまったけど、
もう、このパイソン柄がたまらないく好き。


割と私は携帯はバッグに入れず、
手に持って出かけるか、
ジャケットやデニムのポケットに入れて
外出することが多くて、
デニムのポケットに入れている時なんて、
トイレにジャボン!の経験が二度ほどあるので、
斜めがけはかなりヒット。


IMG_6886


7に変えると、
もうこれは使えなくなるので、
しばらく機種変やめとこう。


みんなはカバー何使っているかな?
そして、そのケースのどこが気に入っている?
それぞれの思いがきっとあるでしょうね。

FullSizeRender

河口湖側にある、
久保田一竹美術館の苑内。


久保田一竹氏については、
また別の機会に書こうと思う。
たった15分のプロモーションビデオで
涙してしまったくらいの感動が。


ほんの少しの時間だったけど、
苑内を歩き回っていた時に、
体の細胞が少しずつ整っていく感じ。


自然はやっぱりいい周波数を発しているし、
磁場がいいとそこに私たちの、
乱れた何かが、ちゃんとそれに
チューニングしてくれて、
元に戻る感覚。


水が流れるチョロチョロチョロ・・・
という音は、f分の1のゆらぎで、
脳内がα波になりやすい音。


それは大脳の働きを抑えて、
脳を休ませた状態。
つまり、癒し。


だから、こういう自然には
定期的に身をおいたほうがいい、
ということ。


ここに、カフェがあって、
そこからの景色は富士山がど真ん中に
ドーンと鎮座していて、その姿もまた
心を癒し、慰め、力を与えられる感じがした。


何で若い時には、
そういう感覚がなかったのだろう?と
最近よく思う。


年を重ね、経験を積んだからこその
感性というのがあるのかもね。


頭は使っていないようで
使っていて、
体は疲れていないようで
疲れていて、
ストレスはないようで
だいぶストレスフルだったり・・・


ついつい忙しいと、
自分の状態でさえよくわからなくなる。


でも、自然に身を置いて、
癒されたー、という感覚や
疲れが取れたー、という感覚は、
やっぱり、普段の生活では、
脳フル回転、ストレスもあるし、
肩も凝っていることすら気づかないくらい
凝っていたりしてね。

↑このページのトップへ