Instagramより


私はあまりビールが好きではなくて
いつもモスコミュールを頼む


甘過ぎずから過ぎず、
スッキリとしているから


こういう高い場所で
軽く酔いがまわると
色んな思いが脳内を駆け巡る


小さなマッチ箱のような家々を見てると
自分もなんだか、すごく小さな者に
思えてきて、そして、現実と妄想の
境がよくわからなくもなったりして。


何をするわけでもない
こういう時間が自分をリセットして
何者でもない自分であることを
再認識する


お気に入りのホテルの
ラウンジからの景色は
毎回違ったふうに映って見えるのが
楽しい。



IMG_5815
久々にネイビーのブラウスを購入。
しかもテロンテロン。


ネイビーを買うことって言ったら、
ネイビーの色のデニムくらいで、
トップスでネイビーを選ぶことなど
全くなかったので、
なんだか自分的には超新鮮。


ネイビーは、プラチナ色とも
すごく相性はいいし、補色の役目となる
ゴールドのアクセサリーでも映えるし、
このブラウスは久々に私的にはヒット。


テロンテロンと言うのも
女性らしさがあっていいのだけど、
やっぱりそこはいつものように
デニムを合わせたい。


制服はネイビーが多いと思うけど、
ネイビーって、何歳になっても着用すると、
キリリ!とする中にも、私が思うに、
着用すると若返るような色だと思う。


また、ネイビーは真面目な冷静沈着、
真面目な印象もあるので、
そんな気分になりたい時に
ネイビーのパワーを借りるといいかも。


私は真冬でもブラウス着用するので、
(中にはヒートテック着用で)
いろんなシーンに引っ張り出すかもね。


頭の中では、
いろんなパターンのコーディネイトが
グルグルしてます。
それを考えるのが楽しー♪
 

12802765_1071281489602562_4704769903216336787_n

家族や友人、超仲がいい
ビジネスパートナーとかのような親しい仲こそ、
礼儀を忘れてはならないとつくづく思う。


もちろん当然のことかもしれないけど
身近な人だからこそ、
忘れがちである部分でもある。


往々にして、
その辺を通り過ぎるような他人に
礼儀を尽くすことは忘れていないのに、
ずっとずっと自分と関わっていく
大切な人なのに横柄になってしまっていないか?
と考えることがよくある。


「私はそんなことない。大丈夫!」と
思わないようにしているのは、
時々自分を振り返るため。


そしてよく夫に言われることは、
「余計な一言が多い」という
ついついおしゃべりな特質ゆえ、
注意もするようにしている。


私は、濃ゆい関係性の人は
本当に片手で足りるくらいの人しか
付き合っていないんだけど、
その関係性の共通点は、
愛と尊敬の念。


尊敬があるから、礼儀もある。
その関係性が心地いいったらありゃしない。


その尊敬の気持ちが欠けると、
いつしか関係性も少しずつ崩れていき、
居心地の悪さが感じてくるようになる。


これは大いなる自慢なんだけど、
私が仲良くさせてもらっている人々は、
本当に尊敬するところがたくさんあり、
そして相手もまた私に
過分の敬意を払ってくれているのを
ヒシヒシと感じる。


ついつい親しいと、
調子に乗って失礼なことを、
口が滑っていいうことも多いので、
時どき注意しなきゃと自らを戒めるのでした。

↑このページのトップへ