_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3266.PNG

ソファがなくてガランとしていて
気持ちがいい…なくてもいいかも…
来客は床に座布団で。


一日中、何もしないでゴロゴロすることに
罪悪感など1ミリもないのですが、
(それも気持ちがいい)
それでも、予定を詰め込み、
朝から夜まで動き回って1日を
終えた時の充実感は半端ないものです。


朝はオンライン英会話して
その後掃除して、リフォームの
業者が来て、打ち合わせとソファの搬出、
のんびりする間もなく、すぐに、
ネイルとまつエクサロン。


帰りがてら、急いで夕食食べて、
夜は、新しい勉強のために、
専門家からの2時間に渡る学び。


有意義な時間でしたので、
あっという間だったな…


この学びに関しては、
ちょいちょい、皆様にブログにて
シェアをしていけると思います。


なぜ52歳になって
こんなに忙しいのか?


最後のzoomでの学びの時に
講師に言われた言葉がしっくりくるのは、
天命を生きる、という言葉。


以前は、
「天命なんて知らんわ、
やりたいことをやるだけ」と
思って生きてきましたが、
それが天命なのかもですね。


決して忙しいアピールではないのですが、
以前は、忙しくなると、自分に
負けた気になってました 笑


週休5日がウリだったのに…
あの時はそういう時期だったのですね。


今は、仕事が遊び、遊びは仕事、
プライベートもビジネスも
境界線がないのです。
家族がいないので、母になるわけでも
妻になるわけでもなく、24時間365日、
ワタナベ薫でいられるわけです。


天命を生きる…
少し考えたいとも思いました。
52歳、残りの人生を考えるに際して、
そんな時期なのかもしれません。


人生試行錯誤
そんなことについて書きました。







_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3245.PNG
今回の取材は、
Sweetの年末特大号の
おそうじの特集。


毎年お声がけいただいている
Sweetですが、今回は
お金に関しての記事内容です。
金運についてです。



早いもんです。
もう年末の話ですから。
そして、次なる打ち合わせは
来月のインド旅行について。

_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3247.PNG
そこでクレジットカードの話になり、
とある支払いに関して、
「カードの裏にplusのマークが
ついてると使えます」
と言われて、自分のクレカを
確認しようと思ったら、


カードがニャい!!
おーのぉぉーっ!

ってなって、
急いで、取材した店に戻り、
座った椅子の下を見たら、
2枚ともバラバラと落ちていました。


危なかったー
セーフでした。
ちなみに、plusマークは付いておらず、
別のクレカを持っていく必要が。


この携帯ケースの
内側についているカードケースが
ゆるゆるで、カードが収まってなくて
落としたんですね。びっくりしたー!
本当気をつけます。


これと同じなのを買った方、
チャックの締め忘れには
くれぐれもご注意を!


次の打ち合わせは、
となりのカフェだったので、
すぐに向かいましたが、
本当は、品川からタクシーで
東京駅に行くつもりでしたが、
空腹すぎて動けない私を労ってくれて
そのカフェになったことも幸いしました。


さらに、彼女がplusの話を
してくれなければ、
帰りにそのまま新幹線チケット買うときに
「ゲッ!カードがない!ぎゃー!」って
なっていたと思うと、その前に気づいて
本当に良かったです。


二つのラッキーが重なり、
運の良さに神様に感謝。


しかし、
これも警告ととりましょう。


新幹線の中、眠くなってきたので
ひと寝するとします。


幸せ思考の作り方


_var_mobile_Media_DCIM_113APPLE_IMG_3243.PNG
今日は財布どころかいつもの
カードケースすら持っておらず、
携帯ケースに、2万円とカードを入れて。
バッグはもちろんもってますが。


出来るだけ東京に行った時は、
日帰り出張はしないようにしているのですが、
(疲れるのと、効率が悪いから)
どうしても家での用事が重なることや
日帰りにするのと、
たった一泊泊まるのとでは
経費が倍違います。


交通費だけでも4万円。
そして、そこにホテルや食事…
やっぱ、ちょうど倍だね。
あ、ペットホテル代とペットシッターも
あるから、泊まるともっとかかるのか…


今日は、もう一件、取材の後に
大事な打ち合わせが急遽入ったので、
東京来た甲斐がありました。


詰め込まれると逆に
うれしいのは、効率がいいので。
わざわざ打ち合わせのために
行ったり来たりする必要がない。


そして、今はネットでどこででも 
打ち合わせはできるものの、
それでも、取材の9割以上は
対面というのは、やはり
顔と顔を合わせて話した方が
伝わるものがあるからですね。


こういう仕事も同じでして、
ブログ<動画<セミナー
といった具合に、同じ内容でも
実際に会ったほうが、ものすごい
パワーを感じるわけです。


なので、今後はお会いできる機会を
ちょこちょこ設けていけたらと
思っています。


本日のアメブロは
色気の正体についてと 
弊社からのお願いです。







↑このページのトップへ