月別アーカイブ / 2015年04月


810_4333
ウーマン村本くん、しずる村上くんと六本木でランチ。村上くんは次の仕事があるので軽く食事だけ。あとは村本くんと二人でじっくり真面目かつ面白い話をした。
810_4340
夕方はグランジ遠山くんと渋谷でお茶。これまた真剣な話をした。笑いを仕事にする人は笑っているだけかというと、そんなはずはない。何が面白いかを突き詰めて考えているから、多くの場合は繊細で、思慮深い。

プロレスラーが日常、誰彼構わずドロップキックをカマしているかと言ったら、そうじゃないのは当たり前だ。だから写真も「芸人ポーズ」じゃないものを撮る。

645D5539
芸人・ホームレス小谷は上京してキングコング西野くんの家に居候していたんだけど、家賃を滞納し追い出される。公園などに野宿をして、ツイッターで知り合った人に会ってご飯を食べさせてもらうホームレス生活を始めた。しかしこの「SNSホームレス」というのが意外とウケて、芸人時代にはまったく出られなかったテレビに取材されたりドラマで役をもらったり、15キロくらい太ったり、なんつーか順風満帆なのである。

結婚費用をクラウドファンディングで集め、花やしきでイベント形式の結婚式をした。あまったお金をフィリピンの子供たちに届けたり、そうそうたるバンドが出演する音楽フェス「天才万博」も主催者として開催した。

この前、コタに会ったときに「こいつ、ホームレス生活に安定感を獲得し始めたな」と感じた。今日寝るところはどうしよう、何か食べるモノを探そう、そういった不安ゼロの顔で、俺が支払うコーシーを当然の顔で飲んでいるのだ。

これではいかんと思い、頭を使って生き抜く環境を再び与えなくちゃ面白くない、と思った。それで台北に行ってもらうことにした。コタは一日を50円で売っていて、誰かに頼まれれば50円で草むしりでも掃除でも何でも手伝う。そこで俺の台北の友人であるタツヤに「元気?」と聞いてきてもらうというミッションを与えた。

カフェを出るときチケット代を渡すと、1時間後にはHISでチケットを買っていた。「現住所は?」と聞かれたようだが、ホームレスなので住所はない。ああ面白い。台北でも無事にいろんな人の親切に助けられ、毎日美味しそうなモノを食べ、観光しまくっている写真がfacebook上にあった。

「こいつは人類が滅んでも生き続ける」と西野くんが言っていたが、その意味がやっとわかった。生存力が激しく高い。

↑このページのトップへ