DSC04488
闘病中の人を撮り、翌日に写真展で初対面の人を撮り、その会場で子供が亡くなり、翌日には幸福そうな妊婦さんを撮った。

否応なく「生きる意味」を考えさせられるここ数日。友人のカメラマンたちは俺より数倍のキャリアがあるから比較にならないけど、経験の浅い俺でも膨大な人数の写真を撮ってきた。

知り合う人が増えるほど幸福と不幸の知らせの両方に感情移入しなくてはならなくなる。でも圧倒的に幸福な方が多いからいいのだ。TDWでほんの一瞬カメラの前に立ってもらい、たった数回シャッターを切り、握手をして別れた人々は100人を超えていた。写った人はたぶん俺のことをずっと憶えているだろう。

昔、ロンドンに行ったときに初めて知ったのは「握手やハグをするとその人のことをより憶えている」ということだった。それから俺はそうしている。「袖振り合うも多生の縁」という言葉があるようにまったく無関係に暮らしているように見えて、知り合う人とはどこかで関係があるのだ。

鎌田ありさちゃん、堀潤さんたちの世界を股に掛ける動きを見ているとスゴいなあと思う。自分の目で現場を見て、膨大な人と出会って握手している人はどんどん視線が優しくなるんじゃないかと感じる。自分とは違う価値観を持った人が自分と同じように別の場所で生きている、と確認するほど他人を許容できるようになる気がする。

ネットで攻撃的な人を見るたび、近所のコンビニへの不満のようなものを感じる。ふれあうサンプルが少ないほど憎悪は凝縮していくのだろう。親がムカつく、クラスの友達が嫌いだ、というのは出会う人が少ない子供の頃だけでいい。大人になったら自分が嫌いだった友人なんて出会った人の数千分の一の数になるんだからね。好きな人を増やしていきましょうよと思いながら、おはようございます。