お母さんの手って
どんな手か、すぐに思い出せますか?

  
お母さんは

「シワも増えて、
歳を重ねた手になってきた」

って恥ずかしそうに嫌がるけど笑

私はそんなお母さんの手が
すごく愛おしく感じました。


この手でずっと
育ててくれたんだなって。

この手で
どんな時も抱きしめてくれたり
頭を撫でてくれたり
迷ってたら背中を押してくれたり
勝負の日や、大切な日は見えなくなるまで手を振って見送ってくれたり

この手で
ごはんを作ってくれたり
洗濯物や洗い物をしてくれたり
衣装を縫ってくれたり
舞台を観に来れば必ずどこにいてもわかるくらい大きな拍手をしてくれたり

どれだけこの手に
支えてもらったかわからない。

子供の頃は


お腹が痛くなったり
転んで擦りむいても
お母さんが手を当ててくれると
なんだか痛いのが飛んでった気がして

お母さんの手って
魔法の手だと思ってた。


でも大人になって
どこか自分で
なんでも出来るような
気になって
「魔法の手」も
借りてない気でいたけど


やっぱり
大人になっても
お母さんの手は
変わらず「魔法の手」でね

どんなものよりも
あったかくて
強くて
安心する。

その手を見ていたら

心から伝えたくなった。

「本当にいつもありがとう」って。



母の日は

妹と手作りのごはんで
ちょっとレストラン風に笑
おもてなし♡



テーブルセッティングや盛り付けも
こだわってみた( ̄▽ ̄)

鯛と生タコのカルパッチョ
アボカドとサーモン
のサラダ
野菜のアンチョビオイルパスタ
少しはお母さんの手料理に
近づけてるかな(^-^)


そして
密かに欲しがってた帽子を
プレゼント♡

お母さん、いつもありがとう。

これからもよろしくね。

さやか