月別アーカイブ / 2016年07月


今年の1月
一緒にお菓子作りに挑戦したみんなとの時間をふと思い出します。

みんなの真っ直ぐに挑戦する姿には
計り知れないパワーがある。

誰かが新しく何かを発見した時や
何かを成し遂げた時
手放しで喜び合える。

うまく言い表せないけど
一人一人の魂が
優しい色をしてるなって
思った。

そんなみんなの仲間が

sweet factoryとして
演劇に挑戦している
「継承」
という作品が昨日無事初日を
迎えました。

(写真 公式facebookより)

私も前回この作品を
拝見したのですが

本当に素晴らしくて
鳥肌が立ちっぱなしでした。

人間が持っている可能性というのは
まさに
「無限大」で

周りの人や自分自身が
「きっとこれくらいしかできない。」

と決めつける程
もったいないことはない。
可能性の尺度は
測る前から決めてはいけないと
改めて教えてもらいました。

舞台で輝く皆さんの姿は
言葉にできないほど素敵で

その舞台に全身全霊で臨む姿に
心はものすごい勢いで
動かされていきました。

「継承」
7/21〜7/24
中野ザ・ポケットにて


活動の支援をして下さる方も
募集しているそうです。
クラウドファンディング
についてはこちら。

私はジャージーボーイズの公演と
重なっており、今回は観に行くことはできませんが、全力でエールを送るべく
私もジャージーボーイズで
無限の可能性に
挑み続けます!






私たちの生きてる毎日に
全く同じ日が
ないように

ジャージーボーイズも
毎日
お客様や
スタッフさん
そしてキャストの呼吸によって
なんとも絶妙な新しい
ブレンドが生まれる。

だから、本当に楽しい。


公演が続くと
朝は布団にくるまり、
何度もアラームを止め、

「あと10分。。」

とかなることもよくあるけど笑

歯を磨いてる頃には
早くまたジャージーボーイズの世界に
戻りたくなってる(^-^)


さてさて、綿引目線でご紹介する
ジャージーボーイズの隠れたストーリー

第二弾は
ロビーのストーリー

劇場で最初にお客様を
お迎えする
大切な空間が

ロビー


受付や
ロビーのカフェ、グッズコーナーで
お客様を笑顔で迎えてらっしゃる
スタッフさんの姿を目にすると

リレーのバトンを
繋いでいくように
私たちはこうしたスタッフさんたちの
想いのバトンをちゃんと受け取って
お客様にこのジャージーボーイズを
お届けしなくては(^-^)

と思う。

さて、この可愛いロビーの
デザインをしてくださったのは

gonさん
↑gonさんの私服が可愛すぎて
ジャージーガールズざわつく笑

レコードが沢山♡

レコードといえば…

舞台上で回転する
盆(ぼん)と呼ばれる舞台装置
今回は
レコード
のイメージとも
重ね合わせてたり…?

そういう視点で見てみると
また楽しんでいただける
かもしれません。


そして化粧室の入り口も?!
Jersey Ladies
ですって♡
気分あがります!

そして化粧室のドアにも
小さなストーリーが♪
実はこの写真全て
演出家の藤田さんが
実際にニュージャージーに行った時に
撮影してきたものだそうです。

男性の化粧室にもあるのでしょうか?!
さすがにそこまでは入れなかったので、
どなたか教えてください笑

gonさんデザインの
グッズも可愛いのです♡
コースター!




そしてマグカップ♡
取っ手が音符♪

これで飲み物を飲むと
フランキーヴァリのような
声が出るらしいです笑

そしてジャージーメンバーも愛用中の
ジャージーエンブレム♡
ホワイトとレッドがあるけど
どっちも欲しくなってしまう。
私服や帽子、バック
につけてもおしゃれです(^-^)
ちなみに
藤田さんも毎日
レッドの時はレッド
ホワイトの時はホワイト
を付けてらっしゃいます
さすがです!笑


ジャージーボーイズ、
大変ありがたいことに

連日満員御礼をいただき

劇場ごと踊りだしそうなほど
満ち溢れるお客様のエネルギーに

私たちも負けてはいられないぞと思う
わけでございます!笑

そして最近気になることは

お客様に
ドット柄や、
チームカラーの赤や白の服を
着てきて下さってる方がいらっしゃってついつい素敵な私服に
目がいってしまうことと

そのままフォーシーズンズの
メンバーとして明日から舞台に
立てそうなくらい
カーテンコールのダンスを
パーフェクトに踊ってらっしゃる
お客様が沢山いらっしゃること^_^

嬉しい(≧∇≦)
なんかとっても嬉しい。
そんな皆さんのことを
どんどん大好きになってしまう
綿引です。

次回ブログは
ジャージーガールズの
楽屋模様を包み隠さず
お見せします笑










毎日
本当に多くのお客様に
足をお運びいただき

皆さまと一緒に

このジャージーボーイズを

つくっていくことができ

カンパニー一同
幸せに思っています。

(写真:TOHO STAGE Facebookより)

個人的にみなさまに
もっともっとお伝えしたい
この作品の魅力があり…

初めてご観劇いただく方、そして
すでに何度も観てくださっている方に

ジャージーボーイズをもっともっと
お楽しみいただく為に

綿引目線ではありますが

少しずつご紹介してもいいですか?
(//∇//)



第一弾は

こちら!

「衣装」です。


ガールズ達が心を一瞬で掴まれた
衣装デザイナーさんの
小林巨和さん


今回の衣装、
全部を展示したいくらい
細部にまで
ジャージーボーイズのストーリー
とメッセージが詰まっているんです。


その中でも

多くのお客様から質問のあった

『あれ』について。


みなさまお気づきでしょうか。

今回の私たちの衣装は

全員どこかしらに

『ドット』が施されています。

なぜドット柄なのか


衣装合わせの初日に

デザイナーの巨和さんと
演出家の藤田さんが最初に
こんな説明をしてくださいました。

フォーシーズンズが
民衆によって創り上げられたように

小さな点が集まり
一つのものを創る。


「人」という
点と点が個と個を結んでいく。

そして日本オリジナルの
ジャージーボーイズを誕生させるべく

Made in JAPAN
日の丸

(写真:TOHO STAGE Facebookより)

との想いを込めて、
ドットになったそうです。

その想いを知った上で
着る衣装たちは
私たちに
多くのチカラを与えてくれます。

メッセージを背負って
私たちは
劇場に散りばめられた
大切な点と点を
探し続け
追い求め

変幻自在に
生きていく。


そして余談ではありますが笑

まだドットのエピソードを聞く前
そう、稽古の初日から
演出家の藤田さんは
毎日
ドット柄の私服を着てきていて笑

「この方、だいぶドット好きだな…」

1週間もすると…
「ドットの服しか持ってないのかな笑」

と思ってしまったくらい笑

そしてエピソードを知り
ようやく謎(ドットマニアの誤解)
が解けたのです笑


それからは
ジャージー心がくすぐられ
歌唱指導のさゆりさんや
私たちガールズも
さりげなくドットを入れた
稽古着や私服を着てみたりしてました♡

ドットに込められた想いを
ふと思い出してこの作品を見て頂くと
また違う角度から
楽しんでいただけるのでは
ないでしょうか。


次回は、
ロビーのデザインのストーリー
について
ご紹介しますね!!


今週もジャージーで待ってます♡

↑このページのトップへ