月別アーカイブ / 2014年12月

2014年1月1日  手帳の1ページ目に書いた文字。
{C3660875-78AB-4020-9ACA-02278A1B9054:01}

まさにその文字通り、多くの方に支えていただきながら、かけがえのない1つ1つのチャンスの中で鍛えていただいた1年となりました。

【1月】
「最高はひとつじゃない」
{65E765C2-45C3-4FD3-B702-D58AF6530F03:01}
憧れのKREVAさんのカリスマ性を間近に
日々肌で感じながら、新しいジャンルへと挑ませていただきました。
{44C845CB-149E-4A22-9941-FD19AC7FBE57:01}
【2月】
ライブ「Melanger」
{B725B5AE-83BA-4A75-A750-76E2BC4499A6:01}
あの大雪の日、お足元の悪い中来てくださったお客様たちと一緒に奏でた音楽は忘れられません。

そしてこのメンバーでチャリティーコンサートを行いにネパールへ。
{85F315FC-C5BB-46B4-842F-EB3510892B9E:01}
幸せの価値というのは、一つの定規では
決して測れない。ということ
{917A3550-684A-4C4E-AB3F-04F8F079B86B:01}
そして、歌うことの本当の価値を
全身で感じた旅。
{C5799C97-82F4-4E54-99AD-393A0D87A5F1:01}

【3月】
ソロライブ「Dare」
{61561305-9512-4341-97D2-42CB630F6984:01}
東北の皆さんへの思いを込めて
皆さんと一緒に歌った
「花は咲く」と「ONE WORLD」。
一つになった歌声が心を紡いだ時間。


【4月】
ラブコメディミュージカル
「Love Chase!!」
{AE54216E-0C55-4AB6-BBE3-32A8786C3365:01}
初のタップダンスや殺陣。
お稽古では日々ついていくのに
本当に必死でしたがまさに鍛えて頂いた作品。
{21D4CEC2-2C0C-4C56-8E10-FF79C0FEEE1C:01}

そして
まだまだ知らないオフブロードウェイの名曲に沢山出会えた
「Off Broadway Musical Live」
{CFDE27C5-EBD8-4E7B-B491-1C4EB61D633B:01}

そして4月はもうひとつ大きな出来事がありました。
2013年に出演させていただいた「レ・ミゼラブル」が、歴史ある「菊田一夫演劇大賞」をいただきました。

{84AB82FF-DF49-49C8-A50F-9D32A984C3E0:01}
この賞に恥じぬよう、自分自身、2015年の「レ・ミゼラブル」も更に更に成長と挑戦を続けていきたいと心に誓った日。

【5月6月】
初の韓国ミュージカル
「ON AIR 夜間飛行」
{BC2ED41D-6CBE-4E96-8453-9791871A163B:01}
言語や、文化、舞台を創っていく過程もまるで違う中、様々な違いがあったからこそ生まれたエネルギー。
「違いを思い切り楽しみ、心から受け入れ、大切に生かす」

{B720E59B-EF7B-454E-92CD-3581D231D28D:01}

そんな大切なことを身をもって教えられた作品。

上半期をこうして振り返っていても
浮かぶのはいつも、支えて下さった多くの方達の存在。

自分のチカラが例え1だとしても
「出会い」はその1を10にも100にもしてくれる。




クリスマスイヴの夜

こっそり書いて引き出しにしまっておいた
サンタさんへの手紙を窓に貼りにいく。

こっちからのお願いだけでは悪いと思ってw
サンタさん用とトナカイさん用のケーキを作って

ケーキだけでは口の中が甘くなるし、いっぱいの子供たちにプレゼントを配るためにはカルシウムが必要だと思ってw
ミルクをおいておいた。

{DF10C949-826A-443F-912A-97D8A9F6A183:01}


ワクワクして寝られなかった。
いつもはコテっと寝てしまうのに、なぜかイヴの日は心が躍って眠れないのだ。

25日の朝なんて、いつもはなかなか寒くて布団からでられないのに誰よりも早く起きて、ツリーの下のプレゼントを見に行った。

そのあとに、プレゼントを抱きしめたまま慌てて今度は、ベランダに出て、作ったケーキを食べてくれたかチェックする笑

食べた歯型があって、ミルクも減ってる!
あぁぁぁ♡よかった。食べてくれたんだ。
でも忙しいから全部は食べられなかったのか。来年は一口サイズにしてあげようっと。と思ったりする。

サンタさんからの筆記体で書かれた手紙を
お母さんやお父さんに訳して読んでもらうのが本当に楽しみだった。

朝の光に包まれて、プレゼントを開ける瞬間の幸せったら言葉にできない。

でもいつからか、小学生くらいになると
サンタさんを信じるとか信じないとか、友達がくだらないことを言い始める。

それで喧嘩をしたこともあったけど、

私にはそんなことどうでもよかった。
だって絶対いるって信じてたから。それに、サンタさんの正体なんてあまり重要なことじゃなかった。重要だったのはサンタさんが幸せを毎年忘れずに運んでくれたこと。

小さい頃はサンタさんは赤い服をきて、ヒゲをはやしてて、こっそり夜中にプレゼントを持ってきてくれる。
{D2ACF1BB-DF6B-414F-88E7-19EA62AC37D7:01}
でも、大人になるとサンタさんはいつからか来なくなる。

そう思うでしょ?

違うんだ。

小さい頃は、まだわからないから、サンタさんは子供たちに分かるように真っ赤な服に白い髭をはやしてやってくる。

でもね、大人になると、サンタさんは
いろんな人や出来事に姿を変えて
「幸せ」を運んで来てくれるんだ。

それは、あなたのすぐ近くにいる友達かもしれない。家族かもしれない。恋人かもしれない。苦手だと思ってた人かもしれない。しばらく会ってなかった人かもしれない。

今日はいつもより
幸せに敏感になってみようと思う。
嫌なことには鈍感になってみようと思う。
だってサンタさんが幸せのプレゼントを沢山運びに来てくれるはずだから。
{61728F35-0836-4D79-BFA7-CCFA2483BE03:01}

みなさんのサンタさんは誰ですか?

Merry Christmas

素敵なクリスマスを。


クリスマスミュージカルディナーショー
無事に終えることができました。
お越しくださったみなさま、本当に本当にありがとうございました。

{05D6D8F9-F76D-46CE-8B32-7472977778E3:01}

そして素敵なピアニストの木原さん、チェリストの平山さんに支えていただき、そしてお客様によって今までにない新しいステージをつくることができました。

素晴らしい演奏に私もうっとり…
本当にこんな方たちとご一緒できて幸せでした。

そして、昨日のステージはまさにお客様が一緒に作ってくださった空間でした。それが本当に本当に嬉しかったんです。

みなさん赤や緑のワンピースやネクタイ、素敵なお着物、蝶ネクタイ、そしてクリスマスのカラーを差し色におしゃれをしてきてくださり、一気に会場がクリスマスのムードになりました。
皆さんお一人お一人がいつもに増して素敵にキラキラしていて、あの空間は皆さまの気持ちによってグッと一つになったのを感じました。
{3746B2F9-3239-494A-B115-2380FF5F5FD2:01}

お一人お一人のお顔を拝見しながら、出会えた日のこと、それからの様々な出来事を思い出しながら、

私にとっての何よりもの財産は
「出会い」だなと強く感じました。

惚れ込んだものにはぞっこんで
ただただがむしゃらに夢中でやってきた。

{D60D35F1-E695-45D4-A3F2-78BCDBD2A601:01}
でも、思った。
ぞっこんになれるものに出会えたことも奇跡だなって。

その出会いが、こんなに素敵な出会いをまた運んでくれたから。

「ひかり」を歌いながら改めて思った。

飛び込むためには勇気がいるけど
怖くて尻込みしてしまうときもあるけど

でも、動き出せば可能性は無限に広がってるんだ。って。

光の先にはみんながいるんだって。
{D6712213-FE06-4EB0-803E-8A3BBF08354E:01}

昨日いらしてくださったみなさま
そして
昨日はお会いできなかったけれどいつもそばで支えてくださってる方たち

私にとって大切な大切なみなさんに

サンタさんから最高の「幸せ」という名のプレゼントが届きますように。



↑このページのトップへ