月別アーカイブ / 2014年08月

綿引さやかトーク&ライブ

 MC:立花裕人

2014.09.09(Tue)

OPEN / START
18:30 / 19:30
¥5,000(1ドリンク・antipasto付)





{4C99A5C6-741C-4A20-8CA6-64FF910DAFC1:01}

みなさまから、多くのご予約をいただき、おかげさまで、お席が残りあとわずかとなりました。

ご予約は
Sayaka.w.showticket@gmail.com
までお願い致します。

いつもよりも近い空間で、お客様とお話しながら、歌をお届けしながら

ゆっくり時間を過ごせることを楽しみにしております。

実は今回の為だけに用意していただいたオリジナルメニューとカクテルがあるんです❤️

カクテルは、まさしく!あれをイメージしましたよ(≧∇≦)みなさん、当ててください笑



みなさま
I love you , you're perfect now change
すでに多くのお客様からお申し込みを頂き大変嬉しく思っております!

アイラブの公式ブログやホームページ、などでもお知らせさせていただいているかと思いますが、

10月13日(月)の千秋楽の開演時間の訂正がございますことをお詫び申し上げます。

正しくは16:30開演となります。

ご迷惑をおかけしてしまい申し訳ございません。

よろしくお願い致します。

また一般予約が昨日から始まりました!!
今回は小劇場のためお席がすぐにいっぱいになってしまう可能性がございますのでお早めのご予約をお勧めさせていただいてます(^o^)

◾️ご予約方法
Sayaka.w.showticket@gmail.com
・お名前
・ご観劇日、回
・枚数

をご明記の上、メールをお送りください🎶よろしくお願い致します。

皆様、「赤毛のアン」8都市10公演
全ての公演を温かく応援くださり本当にありがとうございました。

観にいらしてくださった方はもちろんのこと、
6月から、何十枚もハガキを出してくださったり、そのハガキ一枚一枚に熱い思いを綴って応募してくださった方達、
そして毎日Twitterやブログで応援のメッセージを送ってくださった方達、
お手紙を書いてくださった方達、
こうしたみなさんの存在や温かいお気持ちがいつもそばで心を支えてくださっていました。

私、皆さんのことが大好きすぎて、勝手にトランクに皆さんの♥️を詰めて、一緒に全国ツアーしておりました(≧∇≦)笑
お許しください♥️

公演が終わってから、カンパニーのみんなを恋しく思いながらも、ゆっくりと気持ちを落ち着けてブログを書く時間がなかなか無かったので、今日はお気に入りのカフェに来て、ブログを書きます。旅の写真と共にこの公演を皆さんと振り返りたいと思います(^o^)


仙台までは書きましたので
大宮、東京公演…
暑い中、並んで楽しみにしてくださっていたお客様たちのお姿を楽屋入りする時に拝見し、必ず「いい時間だったな」と思って帰っていただけるように全力で臨もうと一層熱が入りました。

{962522EC-DAEA-434F-98C6-30FF93376C44:01}

東京はHOME公演ともあって、知ってる方たち、お世話になっている多くの方達にお会いすることができ嬉しかったです。

大宮公演では、歌唱指導の妃波先生もみにいらしてくださいました!
{C71DEBFE-E771-4E7A-BD3A-78B5320B9569:01}


東京公演では、こんな素敵なお弁当も!!
{50CDDD3F-4568-486A-8132-98B079E00CDE:01}
もったいなくて、ノリだけのこしてしまった。笑

そして、一番小さいお友達は1年生から😊
私は子供の頃に観たミュージカルが今でも
心の中に鮮明に残っていて、その憧れがどこか心の中にずっとあった。
{0C06205D-ACEC-4CFB-AB8C-2BF8D1CFBC8A:01}

指一本出すと、みんなも小さな指を一本差し出して幸せのサインをしてくれました。
{080A29DF-7801-4274-AB25-CB4486A689F3:01}
だから、まさにアンがグリーンゲイブルズにやって来た歳とほど近い子供達にこの作品を観てもらえたことは私の中で本当に嬉しい出来事でした。

劇場に響き渡る子供達の笑い声。
その笑い声が、袖でスタンバイしていても聞こえて来て、思わず幸せの笑顔が何度もこぼれてしまいました。

小さな王子様からバラのプレゼント。
恥ずかしがって、足が内股になっちゃってるとこがなんとも言えなく可愛いでしょ。
{3D10E420-BCF3-46AF-A2CC-14FDF3C5ED13:01}

本当にカンパニー全員の仲良が良くて
みんなのことが日に日に大好きになっていくと共に離れ離れになるのが淋しくて。
{6F3DF906-EB29-434D-8BFD-3DE451A07D85:01}


つづく






↑このページのトップへ