月別アーカイブ / 2012年03月

あれからもう一年が経つ。

ブログはあとでゆっくり書きます。

これから追悼式へ。








気仙沼での活動の様子を少しずつ載せていきますね。


まず到着してはじめに向かったのは五右衛門ヶ原にある野球場仮設住宅。

ここには同じ大きな敷地内に、野球場・テニスコート・運動場という3棟の仮設住宅があります。


当日は大雪だったにも関わらず、テニスコートや運動場の住人の方も足を運んでくださりこちらの集会所で

音楽のライブを行い、集まって下さったみなさんと共に楽しい時間を過ごしました



綿引さやかのBLOG

ミュージカルのナンバーをはじめ、日本の曲なども色々と歌わせていただきました。


音楽って不思議です。 本当に。。。


言葉や行動ってどうしても格好をつけてしまったり、相手のことを気遣うがゆえに不自然になってしまったりすることってあるけれど


音楽は私にとって唯一、力まずにこころを裸にできる手段。


明るい歌を歌っているのに涙を流して聞いている人

ずっと遠くの空を見て微笑みながら聞いている人

吸い込まれそうな輝く瞳をして聞いている子供達


同じ曲なのになぜ。

音楽は・・・受け取ってくれる人達がいて、初めて

その一人ひとりの心の中で命を宿す。

一曲の歌も、100人いれば100人分のドラマがある。

それは、決して私たちが作るものではなく、みなさんのこころのスクリーンにだけ映し出されるんだと思う。


歌った曲を知っているか知らないか

盛り上がったか盛り上がらなかったか

上手く歌えたか、そうじゃなかったか


なんてゼロに等しいくらい関係ない。


大切なのは、音楽が紡ぐ、その一時一時を誰と共有できたか。


そう思う。



綿引さやかのBLOG


コンサートの後は、ゲーム大会

綿引さやかのBLOG

なんでもバスケットや、アブラハム、リーダー当てゲームなどなど・・・

道具が無くてもこれだけみんなで夢中になって遊べるってなんだか最高に楽しい。

photo:01

ゲーム大会のあとは「おちゃっこ」っと呼ばれるお茶会


photo:02

1週間前から現地入りしていた高知大学の学生達が、このイベントのチラシを500枚!!
一枚ずつ色鉛筆で塗って準備をしてくれていました。

自己紹介をしたときにその学生の一人が
「今日のコンサートに向けて色々準備できてよかったです!絶対成功させましょう!」
といってくれたのを聞いて

当日まで見えないところで、沢山の方達がこころを込めて準備を重ねてきたこと
絶対に忘れてはいけない。と思いました。

そしてみんなのこのイベントにかけたこの「思いのバトン」を
当日はみんなが握り締め全力でゴールまで向かえた。

感謝。
終わって外に出ると大雪。
そして、焼き芋やさんが目の前を通過!
追いかけるも、その早いこと早いこと笑!(売ってくれる気あるのぉ??)
走って走って雪の中を追いかけると笑

ようやく止まってくれました
photo:03

そして1本ください!!というと

「サービスサーーーービス!!!」

といって3本も付けてくれたので

photo:04

心も体もほっくほくでした。

------------------------------------------------------------------------

今日は雨で、なんだか作業がはかどります

今週の3月11日に向けて今2つのプロジェクトを進めています。

一つは昨年4月から始めた“Smile Flag Project”のVol4

3月12日~14日で、山元町の3箇所の施設にミュージカルをパフォーマンスを行います。

そしてもう一つはOneWorldをBGMに、世界へArigatouを伝えたくて動画を作成中です。

今日はこれから、Smile Flag Projectのチームのみんなとリハーサルです。いってきます!

ケーキはね、あまりにも美味しそうで

待ちきれなくて

わがまま言って、ステージの後早速食べさせていただいちゃいました
photo:01



photo:02


頬張りすぎ?

作ってくれた人の顔を思い浮かべて有難く味わって…

と思ってたのに、あまりにも美味しすぎてペロリ

小林さんがいかにあったかい方かが伝わって来る
photo:03


小林さん、最後の最後まで本当にありがとうございました

今度はチョコレートケーキを頂きにいかないとね

このままだとまた大好きなみなさんに会いにラウンジにいっちゃいそうだな


↑このページのトップへ