月別アーカイブ / 2009年02月

                              「エポニーヌ」


綿引さやかのBLOG

エポニーヌ

私がこの役を通して表現したかったのは

「愛」そのもの

決して振り向いてもらえないと知っていながら
一筋に、愛する人を思えば全てを捧げてしまう。

そして最後は、自分の命を捧げる。

こんな強い愛を自分の経験と重ね合わせて考えるにはあまりにも大きくて深かった。

だから、原作の描写を何度も読んで心の感覚をいっぱい刺激して
あとは、本番はエポニーヌが私の体の中に入り込みやすいように
「無」になって体をゆだねることにした。

それが本当に上手くいったかは自分じゃよく分からないけど
でも、マリウスを見つめる自分の目がエポニーヌであったことは心で感じた。

思ったことをすぐに伝えてしまう私(笑)にとって、思いを伝えられずに・・・伝えずに友達としてそばにいることを選んだエポニーヌの気持ちを感じるのは難しかった。自分と違う部分が多かったからこそ出来たこともあるのかもしれない。


星野先生の素晴らしい演出で、この役も私が描いてた何倍も何十倍も美しく悲しく切ないものになった。

星野先生のこの演出で、先生の振る生のオーケストラでエポニーヌを演じることができたこと・・・


心から幸せに思う。


そしてもう一つ。

今回は助演出という役をやらせてもらい、先生のそばで貴重な経験をさせていただいた。
先生のこの作品に対する思いを生の声でいつも聞くことが出来たこと・自分の考えを言葉にして伝えること・何回も繰り返した早朝ミーティング、1週間でいっぱいになる演出ノート・・・

一人ひとりの意見を受け入れたいという気持ちの中で、出来ることと出来ないことを受け入れていかなければいけない葛藤・・・。

どれも決して簡単ではなかったけれど、ここで私が出会えた「心」と「feeling」と「絆」は何ものにもかえられない本当にかけがえのないものになった。



ありがとうございました。










綿引さやかのBLOG-20090215142410.jpg
オレンジとピンクは、見ているだけで疲れがどっかに飛んでいっちゃう大好きな色(o・v・o)

大好きなオレンジのガーベラも入ったアレンジでどこに飾るか迷い中(._.)_(笑)

綿引さやかのBLOG-20090215101714.jpg
第一だん(o・v・o)!!

ありがとうございます!

みなさんが思いを込めて選んでくださった、言わば心のプレゼント…。

だからとっても嬉しいです(^○^)大切に使わせていただきます!おいしくいただきます☆

↑このページのトップへ