綿引さやかのBLOG-20090427135754.jpg
空が青くて

もこもこの白い雲が浮いてる


こういう日ってなんか見守られてるなって感じる。


今日は亡くなったおばぁちゃんの誕生日。


おばぁちゃんは太陽みたいな人で、一緒に生きてた年数よりも遠くに行っちゃってからのほうが長くなっちゃったけど、やっぱりおばあちゃんは天国でもイキイキと生きてるんだなって快晴の空みたら改めて思ったんだぁ。


別れは言葉で言い表せるような簡単な気持ちではないけどすごくつらかった。

でも今は空になって見守ってくれてるから、どんな時も会いたいときは空を見上げればいてくれる(●^o^●)

誰にも話したくない悔しいことがあった時は大体夕空をじーっとみつめて心をゆっくり開くんだぁ。


1日頑張る日だって朝の空を仰ぐ☆


舞台のときも出来るなら見てほしかったっていつも思うけど、でもね、私は最強なんだ(●^o^●)

客席では元気なおばあちゃんおじいちゃんが見守るように優しい目でしっかりと見ててくれる。舞台袖では神様になったおじいちゃんおばあちゃんが私の出番になると背中をポンっと押してくれてから、そっと袖で見守っててくれる。

天国にいった二人のいのちをもう一度失うことがないように、スピリットをしっかり私の中で生かしていくよ。それから、元気でそばにいてくれるおばあちゃんおじいちゃんをコレからも大事に大事にしていきたい。

おばあちゃん、今頃は天国でお得意の手料理で大好きなパーティーをしてるのかな(^_^)?

この世に生きてくれてありがとう。


さやかより