_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7106.JPG
In This House
この家で
昨日ルイーサが
お誕生日をむかえました。

稽古場に入ると
プロデューサーと制作さんが
こんな素敵なバースデーメッセージを

誕生者ではない私まで思わず
感動して
ぴょんぴょん飛び跳ねました笑

そしてバースデーケーキは
なんと!!!
似顔絵ケーキ!!しかも!!

In This Houseに、ちなんで?!
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7085.JPG
はい!そこはあえて外して笑
なんと
加奈子さんのミス・サイゴン
キムの時の写真が♡

美しい。可愛い。
こんなキムずるいです。

こうして考えてみると改めて
素敵な先輩とこんなに近くで
毎日過ごさせていただいてるのだなと
感動すら覚えます。

そして
プロデューサーさんからは
なんとも粋なプレゼント。

どこまでセンスがいいのでしょう…
私も
今月お誕生日ですと
偽りたくなるような笑
プレゼント♡
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7093.JPG
そう。
こちらは笑
In This Houseにちなんで
家の形をした小物入れ。

しかも盛岡の職人さんの
手作りだそう。

実は今回のグッズの一つも
同じ職人さんが一つ一つ手作りで
仕上げてくださったものが
劇場で販売される予定です(≧∇≦)

公私ともに
大好きで慕わせていただいてる
加奈子さん

の生まれた日をこうして
一緒に過ごせて幸せでした。

加奈子さんの笑顔が
あふれる365日となりますように。
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6995.JPG


_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6988.JPG
仲良くしてたかと思ったら
突然喧嘩を始めたり

喧嘩をしてたと思ったら突然
仲直りしてたり


焼肉のネギタンのネギは
焼く時に乗せるか
それだと落ちるから焼いた後に包むか

良かれと思って計画した
デートの行き先が
とんでもなく混んでるから
場所を変えるか、
せっかく選んだから
混んでてもここにするか

ディズニーランドに行ったら
ショーを見るか
その間こそ空いてるから
アトラクションに乗るか

そんな些細なことから
意見が一致して
テンションが上がったり
合わなくて喧嘩が始まったりする。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7032.JPG
あ、間違えたアニーじゃなかった笑
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7027.JPG
恋人によくある光景。

ジョニーとアニーも
そんな些細なことを
好きだなと思ったり…
合わないのかもと思ったり…
してるのかも。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7022.JPG
違いは時に大きな溝を作るし
すれ違いを生む。

そして
「考えてみたら、ちゃんと
この違いと向きあえてなかった」

と長い間一緒にいてから
気づいたりする。

でも
違いがあるのは当然で、
その「違い」や「欠けているところ」をどれだけ愛おしいと思えるか

なのかなと思ったりする。

人ってそんなにすぐには変われないものだけど、

"この人のために変わりたい"
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7024.JPG
そう思えたなら、その人は
かけがえのない存在なのだと思う。

ヘンリーとルイーサ
ジョニーとアニー
それぞれの
物語は
きっとあなたの
心にある
小さな糸の絡まりを
解いてくれるはず。




In This Houseの現場は
一言でいうなら

「Organic」

化学肥料や化学調味料を
使わずに
素材ならではの香りや味を
生かしながら

素材を大切に
色々な角度から
陽を当てて
育てていく

そんな感じ。

演出の板垣さんは
稽古を止めて
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7021.JPG

「今のところ
味の素でごまかさないで。
ここはこだわっていきましょう。」

とよく仰います。


味の素は確かに魔法の
調味料。
私も好きでよく使うけど
作品の料理を作る時は
Organic
でいくべきだ。
と最近常々思うわけです。

ほんだしで作ったお味噌汁と
削りがつおから作ったお味噌汁の

広がる奥深さが
違うように

きっとこだわって繊細に作った料理は
観て下さる方達の
心にも
深いところまで届くはず。

板垣さんの言葉にはいつも
ワクワクします。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7025.JPG
沢山のお話の中に隠された
ヒントやアドバイスに
日々この作品は生まれ変わって
いっています。
それを肌でヒシヒシと感じられる
こともまた幸せです。



↑このページのトップへ