_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7439.JPG
In This House
無事全公演を
終えることができました。

まさに
この作品は
お客様と一緒に
生み、育てた作品でした。

いえ、正確に言えば
育て始めた作品。

皆様の温かい応援に
心から
心の底から
感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございました。


出逢いというのは
必然なんだ
改めて思った。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7284.JPG

ジョニーとアニーが
あの大晦日の夜
ヘンリーとルイーサ
に出会えたことも
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7282.JPG
In This HouseとconSeptさん
が出会ってくれたことも
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7110.JPG
私たちがこの作品に
出会えたことも

この作品や私達が
お客様と出会えたことも

必然だったんだなと。

何年かかっても
変われなかったことが

たった90分のこの作品
と出会えたことで

少しだけ変われた。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7292.JPG
アニーのように
変われるものなら変わりたい
と思ってたことがありました。

そう思いながらも
その方法を見つけられずに
いました。

でも今回、
演出家の板垣さんと
お会いして
その道筋を照らしてもらうことができ

アニーとして
精一杯真摯に生きることで
綿引さやかも
何かが変わってきたように
感じています。

板垣さんは
「本当の物語はお客様の頭の中に
ある。
僕たちはその物語の
スイッチを起動する係なのだ」

とおっしゃいました。
その言葉が私にはとても
しっくりきました。

なぜなら
この作品は特に

お客様から頂くお手紙や
楽屋口でいただく感想を
聞かせていただいただけでも

この物語の辿る道は
見てくださったお客様の
人生分
存在するのだと

身をもって感じたからです。


答えあわせはしない。

それは
お客様が
たどり着いた場所が
本当の答えだから。

道を示しすぎない。
道は何通りもあって
どの道を通っても
この作品はきっと
お客様の
人生にそっと寄り添う
はずだから。

In This House
ようやく最初の朝を迎えました。

全てはまだこれからです。

お客様にとっても
この作品が
何かの始まり
最初の朝でありますように。

綿引さやか



ジョニー&アニー
中心の長時間にわたる稽古にも
一度も嫌な顔一つせず
いつも正面から向き合ってくださり
い見守っててくださった
岸さんと加奈子さんの
存在には感謝してもしきれません。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7124.JPG
私達が悩んだり
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7055.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7047.JPG
躓いたり、
落ち込んだりしていると
時に
⬇︎これはジョニーとして落ち込んでるシーンです笑
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7022.JPG
何も言わず見守ってくださったり、

笑わせてくださったり⬇︎笑
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7042.JPG

そっとおにぎりや甘いものを
差し出してくださったり、

優しくアドバイス下さったお二人の
存在は大きな支えでした。
本当に大好きです。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7041.JPG
ノリくんと私を見守って下さる
お二人の姿と
ジョニーとアニーを見守る
ヘンリーとルイーサの姿が
重なります。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7128.JPG
いよいよ
明日開幕です。

1人でも多くの皆様と
この作品を
生きられることを
楽しみにしております。

M6GQuEUnQQ.jpg
A New Musical「In This House」4/4〜4/15
東京芸術劇場シアターイースト

【映像】

_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7123.JPG
いよいよ稽古場も今日で
最後となりました。

日々、稽古の中で
この作品に詰まった
「奇跡」
に出会って来ました。

岸さん演じるヘンリーが
ラストの方で歌う
「THE WALL」
という曲の中に
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7127.JPG
"覚悟決めて
顔を上げろ
全ては
まだ
これから"


という歌詞があります。

この歌詞が私は大好きです。
人は変わりたいと願いながら
変わることを恐れてたりする。

でも、覚悟を決めて動き出した
瞬間
全てはこれから始まるのだ。


この作品の中に生きるアニーとして
綿引さやか本人として
背中を押してもらいました。

ヘンリーが作り上げた
壁  THE WALL
のように

一つ一つ石を積み上げ
それをひたすら続けていく。

魂を込めて
最後まで探求し続けます。


↑このページのトップへ