2019年の初仕事は

東京ディズニーリゾート
"Happiest Celebration in concert"

台湾公演でした!
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2817.JPG
言葉の壁、乗り越えていく
それが"音楽"
だと思いました。
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2796.JPG
ディズニーミュージックは
色々な違いや壁をあっという間に
飛び越えて
私たちを"友達"にしてくれました。

台湾の方たちは
お話には聞いていたけど
想像よりも更に
温かくて、情熱的で、明るく
素敵な方達だった。


「みなさんに会えて嬉しいです」
これをどうしても中国語で
みなさんに伝えたくて

ホテルでも楽屋でも舞台袖でも
何回も練習したのに

いざいうタイミングになったら
歌うときよりも緊張してw
噛むし、しまいには単語がひっくり返ったりと頭の中で言葉たちが大渋滞を起こしてましたがw

もう一度気を取り直して伝えてみたら

何とか伝わったようで汗

(というか皆さんがかなり理解しようとしてくれました笑)

「伝わったよー」の拍手をくださいました!

音楽がかると小さい子供達が
全身で楽しそうに踊る姿
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2864.JPG
おじいちゃんやおばあちゃんが孫たちとペンライトを振りながら楽しむ姿

家族、恋人、友達

いろんな方達にとってディズニー音楽はそれぞれの大切な思い出と
強く結びついているのだと感じ
日本を飛び出してそんな瞬間を
台湾の皆さんとも共有できたことを
とても嬉しく思いました。
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2818.JPG

そして限られた時間ではあったけど
メンバー全員で台湾の街も堪能
しちゃったんだ❤︎

続く。

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2683.JPG
✳︎
6月
『綿引さやか ソロコンサート』
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8914.JPG
やっぱりいつもより少し近く
皆さんを感じられるライブの
時間が大好き。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8866.JPG
✳︎
7月
藤岡正明さんソロコンサート
藤岡正明さんの
『M's Musical Museum vol.4』
へ戸井勝海さんとご一緒に
ゲストとして
参加させていただきました!
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9664.JPG
マサさんの突き抜ける歌声は
やっぱり素敵すぎました。

マサさんとデュエットで
歌わせていただいたのは
♪世界の終わる夜のように
♪ 美女と野獣

いつかまた一緒に歌えますように!
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2612.JPG
✳︎
8月
そしてまだまだ続くよ!
『Happiest Celebration 
in concert』
最終地!  東京国際フォーラムA
個性豊かで優しさ溢れる
最高の仲間との出会いは宝物。
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9963.JPG
✳︎
『another life.』掲載
今までの自分のこと、
幼少期のこと
中高の部活のこと
進路のこと
話したことのないこと
だめだった時のこと
沢山お話しさせていただきました。
✳︎
『SPICE』掲載
ライターの方が、2年前の取材で
私が話していた目標を
覚えててくださり
その方の思いも話してくださったことがなんだかとても嬉しかった。

次インタビューでお会いさせて頂くとき、今回取材の後にお話しした
夢を果たし、
再会できるように
頑張ろうと思いました。
✳︎
9月
『ジャージーボーイズ』
2016年の初演から2年。
その間もジャージーボーイズでの
経験や音楽が幾度となく
背中を押してくれた。

そして色褪せぬ音楽と青春が
そこにはやっぱりありました。

私はこの作品が
心の底から大好きだ。
と何度も思った。
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6877.JPG
深化×新化の"進化"
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6878.JPG
メアリーとの再会
響く言葉や心が揺さぶられる瞬間
が2年前とは違ったりもして
改めてメアリーという女性を
好きになりました。
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0074.JPG
そして観客役の皆様と
「ただいま」
って再会出来たことも
本当に嬉しかった。

ジャージーボーイズは
劇場にいる全ての人が
物語の主人公なのだと
改めて感じました。

✳︎
そして9月は声のお仕事にも
色々とご縁をいただきました。
✳︎
NBAバレエ団公演
『リトル・マーメイド』
ナレーションを担当。

リン・テイラー氏(演出・振付)
との再会も幸せだった。
この作品の振付・セット・衣装・
そしてオリジナルの楽曲が
本当に美しく歌もあって
バレエとの距離がグッと近くなれる
素晴らしい作品でした。
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0629.JPG
✳︎
フジテレビ
『柔道番組』
初のテレビ番組のナレーション。
柔道界の方たちのドラマに触れ
感動して
つい言葉が熱くなってしまう。
この番組をきっかけに
空手への興味が一気に増しました。
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0421.JPG
✳︎
TOKYO FM
ラジオドラマ
『NISSAN あ、安部礼司』
円城寺麗奈役
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2578.JPG
大学生の頃から大ファンで聴いてる
この番組に自分が出演させていただく
日が来るなんて…
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0444.JPG
何かといきなり歌い出してしまう先輩
円城寺麗奈役を演じさせていただいたのですが
私普段から何かと
歌いだす癖があるのでw
なんだかドキッとしました。笑
そして安部ファミリーの皆様とも
共演できて幸せでした。
またお会いできますように!
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0443.JPG
✳︎
ラジオ番組
『昌人と和人のラジオの達人』
憧れのラジオ作家の
北阪昌人さんと
ラジオで対談させていただきました!
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2579.JPG
✳︎
ラジオ『コーチングサラダ』
にゲストとして
伺わせていただきました!

_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2684.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2685.JPG
✳︎
10月
『ジャージーボーイズ』
全国ツアー
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0839.JPG
各地で
何度も胸が熱くなった。

ジャージーボーイズをこんなにも
多くの方たちが
待っててくださったんだ…って

この作品の音楽と物語が
巡り会わせてくれた全てに
感謝しかない。

演出家、藤田俊太郎さんの
故郷でもある秋田で
ジャージーボーイズを
上演させていただけたことは
特別嬉しかった。
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1405.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1025.JPG
✳︎
TOKYO FM 
時を越える合唱
〜長州・会津の150年〜
ナレーション

歌は時を超えて
私たちを結んでくれる。

学生たちの透き通る歌声と
力強い詞は
ぼくらが未来を担う!
という責任感のようなものさえ
感じられ
心掴まれました。
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2577.JPG
✳︎
『ディズニーファン』 12月号
インタビュー記事が掲載されました。
ディズニーへの愛
ディズニー音楽への愛
をこれでもかというくらい
語らせていただきました!
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1100.JPG
✳︎
11月
『岩谷時子メモリアル
コンサート』
昨年に引き続き今年も
出演させていただけて光栄でした。
岩谷先生の詞は
一つ一つにぬくもりがあり
音楽に乗せて
言葉にするたびに
優しく、そして時に力強く
熱を帯びる。
どれだけ時が経っても
その温度は冷める事がない。

改めて岩谷先生の詞の美しさに
強く魅了されました。
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1495.JPG
✳︎
『ジャージーボーイズ』
凱旋公演  大千秋楽
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1539.JPG
これからもずっと
私にとって
特別な作品。
特別な仲間。
特別な時間。
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1583.JPG
フランキーとメアリーは
願っていた「家族」では
い続けられなかったけど

本当の意味で
大切な「家族」
と出会えました。
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1597.JPG
また会えますように
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1604.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_141APPLE_IMG_1623.JPG
✳︎
『"In Japanese,PLEASE"』
日本未上陸のミュージカル楽曲を
日本語でお届けするこのライブ!

まだまだ知らない
名曲がいっぱいありました。
そして人生初の全曲新曲のライブ!
なかなか癖になる緊張感でした。笑
_var_mobile_Media_DCIM_140APPLE_IMG_0123.JPG✳︎
12月
そして今年最後のお仕事はこちら
『ピクサーインコンサート』MC
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2553.JPGトイストーリーやモンスターズインクをはじめ
オーケストラの生演奏と共に
大スクリーンに映し出される
様々なディズニーピクサー映画。

忙しい毎日の中で
心のどこかに埋もれかけていた
とっても大切な気持ちを
思い出させてもらえる
本当に素晴らしいコンサートでした。

そして
ピクサーアニメーションスタジオから
このコンサートのために
来日してくださった
キャラクターアートディレクターの
アルバート・ロザーノさんから、
サプライズ!
しかも直筆の
大好きなピクサー作品
「インサイドヘッド」
"カナシミ"
の絵を頂きました!
こうして2018年も
不器用ながら
未熟ながらに
かけがえのない出会いと経験を
沢山させていただきました。

自分の力のみで
乗り越えられたものは一つもなく
そこにはいつも応援してくださる
皆さんの存在があり

近くで支えてくださったり
本気で叱ってくださったりする
方達がいてくれたからこそ
乗り越えられたことばかりでした。

そして今年も
"今までで一番最高だった!
と思える1年"
でした。

2019年も
"今年が一番最高だった!"
と胸を張って言えるように

一生懸命
綿引さやからしく
取り組んでいきます!

今年もよろしくお願いします。

綿引さやか



あけましておめでとうございます!
2019年が始まりましたね!

明日からお仕事の方も多いかと
思いますが
今年もみんな一緒に
元気にがんばりましょ!


年は変わってしまいましたが
2018年の振り返りの日記を
書いちゃいました。
_var_mobile_Media_DCIM_142APPLE_IMG_2576.JPG

2018年は
欲張って3つの漢字で表すなら笑

「新・挑・広」

でした。

新しい出会い
新しい現場
新しいジャンル
新しい可能性
に出会い

心の中はその度に
『ワクワク』と
『ハラハラ』と
『やれるだけやってみようぜ!』
がミックスされた感情へ。

初めてのことって

知らないからこそ
怖くて
たまらなくなることもあるし

わからないからこそ
怖がらず
果敢に挑める
部分もある。

挑むことをやめたくない!
と思い続けられるのは
その先に
「なんだーなにもなかったじゃん」
という経験は一度もなく
必ずそこには
新しい世界が広がってるからかも。

そんなこんなで
2018年の旅を
みかんでも食べながら
のんびりお付き合いくださいな

出発!!


1月
『TENTH』
から始まりました。
お世話になっている劇場
シアタークリエ10周年を一緒に
お祝いできてとても嬉しかった。
"オドルワタビキ"誕生。
_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5511.JPG
ジャージーボーイズ
新生
フォーシーズンズは
このTENTHが初お披露目でした!
_var_mobile_Media_DCIM_135APPLE_IMG_5596.JPG
✳︎
2月
『LITTLE MERMAID in concert』
武道館/大阪城ホール
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6599.JPG
長年の夢だった
アラン・メンケン氏との
初共演。
音色一つ一つに命が吹き込まれていく
アランさんのパフォーマンス

そしてアリエルの
キャラクターボイスを務めた
ジョディ・ベンソンさんの
Part of your worldには
涙が止まらなかった。

素晴らしいオーケストラの方達の演奏、そして魅力的すぎるキャストの方たちとの共演も本当に光栄でした。
_var_mobile_Media_DCIM_136APPLE_IMG_6676.JPG
✳︎
4月
『In this house』
東京芸術劇場
シアターイースト
_var_mobile_Media_DCIM_134APPLE_IMG_4039.JPG
演出家・板垣恭一さんのもとで
毎日奮闘しながら
本当に多くの大切なことを
学ばせていただき
役者として
人間として
成長させてもらった
大切な作品。
✳︎
『東京ミュージカルフェス』
In this houseのメンバー
で出演させていただきました。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7063.JPG
アニー役はまさに等身大の役で
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7282.JPG
向き合う事に
時々臆病になってしまう程でした。
でも彼女が毎回教えてくれた事
が今の私のチカラになっています。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7290.JPG
✳︎
3月〜8月
『東京ディズニーリゾート35周年
Happiest Celebration in concert』
全国ツアースタート!
CdULf1HyaO.jpg
73曲歌って踊る(覚える笑)
という
最多、最高、最強
のコンサート。

今はもう聞けない懐かしい名曲たち
も大集合し
ディズニーリゾートの35年間を
振り返る贅沢な空間。
全国の皆様の笑顔に会いに行けて
幸せだった。
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7576.JPG
✳︎
5月
『Beauty and the Beast INCONCERT』
Hollywood Bowl
_var_mobile_Media_DCIM_137APPLE_IMG_7879.PNG
世界のレベルと未だ見ぬ可能性
に出会わせてもらったこの経験。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8156.JPG
目の前に現れる壁というのは
だいたい自分が作ってしまった壁だ。

という事も気付かせてもらった。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8040.JPG
アラン・メンケンさんとの再会。
本当に嬉しかった。。
MjjMcjdWjt.jpg
Hollywood Bowl
という歴史あるこの舞台に立てたこと
そして
思い入れの深い
「美女と野獣」
でこの経験をさせていただけたことは
かけがえのない経験。
_var_mobile_Media_DCIM_138APPLE_IMG_8358.JPG
✳︎
『LA TIMES』
✳︎
『毎日新聞 "人・模・様"』
_var_mobile_Media_DCIM_139APPLE_IMG_9623.JPG
✳︎
『lalala USA』
にも
インタビュー記事を
掲載していただきました。
ミュージカル俳優 綿引さやかさん「人生を変えたディズニー」
ミュージカル俳優 綿引さやかさん「人生を変えたディズニー」 5月25日~26日、野外音楽堂のハリウッド・ボウルで『美女と野獣』イン・コンサートが行われる。「映画、ライブ音楽、歌手、ダンサー、プロジェクション・マッピング、特別ゲストアーティストを織りまぜ、(ディズニーの)オリジナル映画への敬意を表すと同時にライブでしか体験できないものになる」(コンサート・ディレクターのリチャード・クラフト氏)という演出で臨む。この公演に日本ミュージカル界のスター、綿引さやかさんが出演する。幼いころからのディズニーファンという綿引さん。ウォルト・ディズニーの「夢見ることができればそれは必ず実現できる」ということばを信じ、着実に夢を実現させている。
lalalausa.com
字数オーバーのため…つづく笑

↑このページのトップへ