_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2329.JPG
まさに、30年の歴史を
全身で感じた時間。

30年前の6月11日
この帝国劇場で開幕した
レ・ミゼラブル

_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2454.JPG
日本のミュージカルで
こんなにもロングラン上演され
愛され続けてきた作品が
あるだろうか。

ロングランの公演を実現させるのは
本当に大変なことなのだと
この世界に入って分かった。

だから30年もの間
上演され続けているのは
本当にすごいことだと。

このレ・ミゼラブルが
30年間ロングランできているのは

作品の力

この作品を
心から愛し支え続けてくださった
お客様たち

そして
初演メンバーのキャスト・スタッフ
初演に関わられた全ての方たちの
情熱と愛があったからこそだと
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2455.JPG
改めて感じました。

そして光栄なことに
6月15日に私も
スペシャルカーテンコールに
出演させていただくことが
できました。

しかも
歴代のエポニーヌである
坂本真綾さん・ANZAさん
ジェニファーさんとご一緒に

♪オンマイオウン

を歌わせていただけるという
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2328.JPG
夢のような時間。

4人で紡ぐ♪オンマイオウンは
特別なものでした。

ご一緒のタイミングで
出演させていただくことは
なかったものの

歌い出した瞬間
なんとも自然に交わる
エポニーヌとしての
"音色"や"空気感"は

不思議なくらい一つでした。
あの感覚が忘れられません。

「同じ役を生きてたから
同じ血が流れてるんだね!きっと」

と皆さんと笑いながら話していましたが、本当にそんな気がしました。

お客様と共に
憧れの大先輩たちと
同じ舞台で
同じ役として
あの「オンマイオウン」を
奏でられたこと

一生の宝物です。
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2309.JPG


レ・ミゼラブル
そしてエポニーヌは

私にとって特別な…
本当に…特別な…
作品であり役です。
_var_mobile_Media_DCIM_108APPLE_IMG_8878.JPG
自分にとって、
特別なものだということは
ずっと分かっていたけれど

今回歴代の
キャストやスタッフの方たち
のお話を直接聞かせて頂き

この作品は
関わられた全ての人にとって
特別な存在なのだと
感じました。

30年間のレ・ミゼラブル
キャストは約2900人だそう。

ということは…
支えてくださった
スタッフの方たちや
お客様はもっと沢山
いらっしゃるわけで。

その数の分だけ
「レ・ミゼラブル」の
特別な思い出とドラマが
存在していると思ったら
胸が熱くなりました。

_var_mobile_Media_DCIM_109APPLE_IMG_9547.JPG
歴史はすぐに作ることはできません。
お金を出しても技術を駆使しても
30年分一気に作ることはできない。

だからこそ価値がある。
だからこそ愛おしい。
だからこそ言葉にならない
思いがある。

これからもレ・ミゼラブル
は常に進化しつづけ
歴史を重ねていく作品です。

私も負けずに
進化をし続けなければと
心に誓いました。

そして
この作品にまた関われます
ように。と心の中で
そっと祈りました。

としっとり熱く語りましたが!
写真もたくさん撮りました笑
いっぱい載せていいとみんなから許可もらったので載せます笑

エポs、KENTAROさん、
青山郁代ちゃん、そして船橋先生
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2311.JPG

岡幸二郎さん!
初めてゆっくりお話させていただけたのですが
本当に温かくて素敵な方で
そのオーラに魅せられました。
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2313.JPG

現在ビューティフルで切磋琢磨してる
大事な仲間でもある神田恭兵くん
神ちゃんのフイイに何度も鳥肌が立ったのを覚えてます!
ビューティフルっぽく?
ちょっとポーズ決めてみました。笑
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2312.JPG

コゼットとエポとして2013年共演した
青山郁代ちゃん。久々に会って当時の話や今のお互いの
仕事について熱く語りました♡
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2326.JPG

そしてこの日出演していた
2013〜15年メンバーにも会いたくて
ついつい終わってから
楽屋近くで、待ち伏せして笑
撮影♡
石田佳名子さんと華花ちゃん
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2350.JPG
そして松本ほなみちゃん
私がレミの稽古初日に初めて
友達になってくれたのが
ほなみでした。
そんな特別な存在ということもあってなんかわかんないけど二人で
舞台上で会った時、
懐かしさといろんな気持ちが溢れて
涙が止まらなくなってました。
語りきれないほどの
思い出があるからね(^。^)
_var_mobile_Media_DCIM_132APPLE_IMG_2349.JPG
再会の喜びが伝わる躍動的な
写真が撮れました笑

そして、その2日後には
30周年記念パーティーが
開かれました!
これもまたすごかったんです涙

つづく。



美空ひばりさん生誕80周年を記念して

 今年9月に、
数々のトップレベルのバレリーナを
輩出してきたNBAバレエ団による、

美空ひばりさんの
楽曲と映像を使用した

「HIBARI」

という公演が行われることになりました。

そこで今回はご縁をいただき
ナビゲーター役
を務めさせていただくことに
なりました!


日本を代表する歌手
美空ひばりさん

その人生と一つ一つの歌に込められた魂…それらをバレエで表現することで生まれる新たな魅力。

今年生誕80年という記念すべき
この節目に、 
 その魅力の全てをお客様にしっかりとお届けできるよう、心を込めてナビゲーターを務めさせていただきます。

普段あまりバレエに触れる機会のない方も、初めての方も、
誰もが耳にしたことのあるあの名曲とともに織りなされるバレエの世界を必ず楽しんでいただけると思います。

劇場にてお会いできますことを心より楽しみにお待ち申し上げております。 

 綿引さやか 


HIBARI』 ~すべての美空ひばりファンに捧げる

日時

・201792()

開場12:15・開演13:00

開場17:15・開演18:00

開場13:15・開演14:00


東京芸術劇場 中ホール


■チケット料金

SS席 12,000円    S席 10,000

A席 8,000円     学生席 3,000


※学生席はA席よりご用意

※学生席は小学生から大学生までがご利用できます。

3歳未満の入場はご遠慮ください。

 

■チケットお申込み・詳細は

コチラ





大学生の時

初めてミュージカルのオーディションに受かって

お稽古とレッスンと授業を
行き来してた時期

友達が突然
一緒の授業のときに
隣に座って
「はいこれ。びびにあげる(^-^)」

って小さな袋と
小さな手紙をくれたの。

中には
美味しそうなマカロンが一個と

「最近舞台のお稽古と大学の両立
おつかれさま♡
美味しそうなマカロン見つけから
食べてね。
頑張り屋のびびは走り続けちゃうからたまにはカフェに行ってゆっくり休んで、好きな音楽聴きながら好きな本でも読んで一息ついてね。」

ってメモがついてた。


毎日一緒にいるし
メールや、直接伝える方が楽なのに

わざわざ手書きで
メッセージを書いてくれたことが
なんだか妙に嬉しかった。

なんでもない日の
優しさのプレゼント

今でもあの時の嬉しかった
気持ちが忘れられない。

高価なプレゼントや
スペシャルな
カードじゃなくていい。

マカロン一個や
100円の缶ジュース
10円のうまい棒や
ポストイットのメモ…

バファリンみたいに笑
その半分…いや9割に
優しさがぎゅっと
詰まってるから
それが特別なものに感じる♡

友達がある日くれた
なんでもない日のプレゼント
そう、その「思いやり」は
わたしの心を
なんとも言えず
あっためてくれたのでした。

そんな友達も
すっかりお母さん。
_var_mobile_Media_DCIM_130APPLE_IMG_0921.JPG
私もなんでもない日の
プレゼント
さりげなくできる人になりたいな。

↑このページのトップへ