指導者や中学保護者の方々はすでにこの発表はご存知だと思いますが、3/13にスポーツ庁が報道向けに発表した部活動のガイドライン(法的拘束力はないけど、方針として世に出すもの)が発表されました。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2651.JPG
さまざまなメディアで取り上げられましたが
以下は東京新聞の記事抜粋です。

以下抜粋

"" スポーツ庁の有識者会議は十三日の会合で、国公私立中学校での適切な運動部活動の運用に向けた指針案を了承した。学期中は一日の活動時間を平日二時間、休日三時間程度までとし、週二日以上の休養日を設ける。長時間化による生徒の負傷リスクを避けるのが狙いで、高校の部活動にも原則適用。三月中に同庁が指針を公表し、全国の自治体や学校などに通知する。

 部活動の休養日を巡っては、一九九七年に当時の文部省が「中学は週二日以上」などと目安を示したが、国が活動時間の上限を示すのは初。学校の高い目標設定などで過熱しがちな部活動に歯止めを設けることで、多忙な教員の働き方改革につながることも見込まれる。ただ、競技志向の強い生徒や期待する保護者もおり、一律の適用には慎重論も根強い。

 指針に法的な拘束力はないが、今後、教育委員会や学校にはこの内容を参考にした具体的な活動方針作りが求められ、スポーツ庁が取り組み状況を定期的にフォローアップすることになる。

 指針は「学期中、少なくとも平日一日、週末一日を休養日とする」と基準を提示。週末が大会で休めない場合は他の日に休養日を振り替える。長期休暇の際には、長いオフシーズンを設けることも求めた。

 週末の試合が負担とならないよう、大会の統廃合のほか、学校が参加できる大会数の上限を定めることも盛り込んだ。

 外部指導員の活用や科学的トレーニングの積極的な導入のほか、少子化の進行を踏まえ、学校単位の運営から一定の地域単位の活動へと移行することも視野に入れるべきだと明記。複数校の生徒が合同で参加し、地域のスポーツクラブで活動する形態など、学校と地域が融合したスポーツ環境の充実を進めるとした。

 体育の授業以外にあまり運動しない生徒も多いことから、競技志向とは一線を画した部活を広めるなどして運動の機会を確保することも求めた。"

とあります。

さまざまな意見もあるし、こう言うことは片面から見て行くと変になりますね。

僕は、すでに中高生ではなく中高年なので直接的に関わらないのですが、息子が中学生であり、地域クラブの運営をしているという立場でもあります。個人的には、部活は学校の中のこと(厳密に言うと生徒会管轄の学外活動)なので、親や大人がとやかく言うべきではないと思いますが、時代がなかなかそれを許さないこともあるでしょう。

これから議論が進むと思いますし、いろんな地域でも考えて行くことになるのですが、

●地域のクラブから外部指導者を論はなんとなく危険と感じる。(経済に左右、個人の資質、地域格差)

●先生の労働改革策としては効果少なめ。

というネガテイブと、

●時間、休日の再編を発端に、本来の部活動趣旨に近づく。(先生だけでなく。生徒の多忙化の歯止めもある、あと、学校外の時間ってすごい大切!)

●学校内活動と、近隣学校、地域クラブとの連携はいい流れを作ると思う。(部活の役割、地域クラブの役割のあり方を考えるいい機会)

というポジティブ。

あくまでもスチューデントファーストですが、ここ最近、やはりスポーツ庁となりさまざまな考え方の再定義がなされています。これはすごくいい動きだと思うし、国を挙げて体育とスポーツの棲み分けが進んでいます。

地域で関わる人も、体育出身、スポーツ出身の関係者がいます。これから5〜10年をかけてその再編も進むと思います。

体育(教育として体を学ぶこと)と、スポーツ(カラダを使い競うという楽しみ方の1つ)がきっちりと違う土俵ができていき、体育は体育としてより科学的にカラダと心を育てる学問として昇華するように。スポーツは、全ての人にだいなりしょうなり関わる生き方の1つに。

楽しみになってきました。

考えましょう。

スポーツ庁のウェブサイトがいい感じなので貼っておきます。