なんやかんやで、更新が。。
こういうのってサボってしまいます。

SPORTYZ も、スタートしてひと月半を過ぎて、いよいよ今年前半戦のビッグイベント

ーー
プロバスケチームを小豆島に、しかも同時に2チームのキャンプを受け入れちゃおう。
ーー

という企画が8/28-31まで。
これは、サイトでまた見てくださいね。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0017.JPG
さてさてスポーティーズ。

総合型のクラブとして、いろんな世代に、スポーツで夢中になれるきっかけを作ること、そしてそのチャンスが溢れていることを「一般化」するのが、一つの大きな仕事で、ボチボチとプログラムも増えて来ました。

もう一つは、「島やけど、世界レベル。」実現のために、一つのスポーツの中でも、さらに特徴的な取り組みをして、一点突破を狙う「特化」する活動をして行きます。

クラブのオーナーでもあり、渡部と同い年でもあり、このクラブを設立前から、ビジネスとしてしっかりと成功を収めるために影から頭脳役に徹してくれている相方との話の中で、、
「徹底した一点突破で、島外(小豆島以外の地球全土を指す)からのニーズを引っ張り出した上で、島のプライドの一つにしていこう」
というビジョンを描いたわけですが、がそれを具現化するための仕組みの第一弾として、一つのプレーに特化したチームを作ることにしました。

ものすごい勢いでディスられる。
が、半分。
オモロイやん!って言ってくれるのが半分。。。いるかな??

というやつですが、それぐらいしないと、地理、情報ハンデを埋めた上で、世界に伍して打って出る事はできません。

なので、やります。

対象はバスケです。そこをさらに特化して、一点突破。

細かくはもう今日は遅いのでまた今度書きます。

おそらくグラルディオラがバスケの監督ならわかってくれるはず。

_var_mobile_Media_DCIM_100APPLE_IMG_0018.JPG
ええやん!それ!っていうはずです。
(これの写真、絶対にそう言うてますよね。)