楽しい。
好きになる。
没頭して、熱中して。
夢中になって時間忘れて。
もっともっと!って。

まずは遊びからなんだと思うし、いつまでたってもどれだけトップレベルのアスリートになって責任とか義務感が出てきても、この気持ちを持ち続けてる人はとても幸せなんだと思う。

だから、スポーツとの出会いって、そんな場所であってほしい。まずは、楽しくて好きになる場所。

バスケ楽しんでますか?これ、かなり大事だと思います。 | 【考えるバスケットの会】公式ブログ
こんにちは、中川です。 自分のバスケットに向き合うベースは 小学校3年から6年ぐらいの間に 構築されたんじゃないかと思います。 「バスケットは楽しい!」 というベースです。 友達と小学校のグランドで 楽しくワーワー言いながら ボール追っかけてたときとか 最高に楽しかった。 それこそ ヨダレ足らしながら バスケしてたと思います。^^; 笑うと口がゆるんでしまって・・・。 そんな記憶が何度もあります。 で、言いたいことは そんな時間って素敵だなぁと思うんですよね。 子供の無邪気な そういった時間を 取り除かないのも スポーツ育成の観点から かなり大切だと思います。 なにげに あの楽しさでいっぱいの瞬間って バスケが一番うまくなる ゴールデンタイムだと 思うんですよね。 瞳孔がひらいて キャッキャ言ってる あの感じ。 もしくは黙々と 集中モードで プレーに打ち込んでる あの感じ。 いわゆる夢中になってるときです。 この瞬間が 一番主体的で創造的に プレーしているように思います。 じつは自分、 バスケ始めたばかりの ミニバスのころって あんまりスキルを習ってないんです。 ただただ 「走れー」 しか言われてなくて 笑 レッグスルーも ビハインドドリブルも ノールックパスも習ってないと思います。 何かを事細かに 習っていませんが、 逆に何をしろ、これをするな、これが出来ないとダメだ、みたいな制限も批判もされていません。 かなりシンプルな指導で のびのびバスケットをやらせて もらったように思います。 そうして 形成された 「バスケットは楽しい!!」 というベースが その後のバスケット人生に 大きく影響しました。 学校が終わって 家に帰っても 腹の底から湧き出てくる、 「バスケットは楽しい!」が抑えきれず、 気付けば 家の屋根瓦に向かって シュートを打ってたし、 田んぼで 泥んこになりながら 双子の弟と1対1したりしてました。 バスケの楽しい時間を 作りたくて増やしたくて 勝手にバスケをしていました。 そんな自分の過去を 振り返って思うことは バスケ始めたての小学生には 何は言っても 楽しさ最優先でいいんじゃないかと いうことです。 子供が夢中でノッてるときが トータルで一番アツイときだと 思うんですね。 (トラベリングとか吹かなくていい。) 正しさよりも 楽しさ。 そのスタンスで
xn--r8jzdxd0gob9c9ayd5474bghwf.com

土庄町(小豆島に2つある町の1つ)で総合型地域スポーツクラブっていうのを作ろうとしてるですけど、入り口と選択肢という考え方が元になっています。


まぁ、離島なのでなんでも揃わないです。もちろんスポーツもしかりで、競技の種類だけでなく、例えばひとつのスポーツに小学生が関わりを持とうとすると、スポーツ少年団に入るか、そのスポーツをしないか。
それしかない。

このスポーツ少年団ってのは、もともとドイツから持ち込まれたもので、その地域の子どもたちがいろんなスポーツに出会いながら、地域愛着の中で育てていこうとする仕組み。日本では地域によって、同じ地区の子どもが集まって、季節によっていろんなスポーツをする団体と、競技を絞ってその競技を頑張りながら仲間との時間を共有するパターンが存在する。
僕は少年団好き。スゴイ素敵な仕組みやと思う。子どもの面倒を見るのが好きで、スポーツやってきた地元の大人が、スポーツという方法論で子どもたちにいろんなことを自然と学ぶコミュニティを作ってる。

小豆島のすべての少年団は、ひとつの競技専念型。必然的にチームとして活動するので、チームとしての約束や目標もいうのが存在するわけで、当然大人も熱が入ってしまう。
いわゆるスポーツチームなわけです。

で、スポーツチームでの活動となると、やっぱり大前提として、そのスポーツでめっちゃ頑張りたいって思ってる子が対象となる(技術は関係なく)。ということは、楽しいと、好き。ということがある前提だと思うんですよ。

これを、競技専門のスポ少に押し付けると、指導者が大変。それでなくてもみんな本業がある傍ら、週に何回も練習するわけですから。始めてそのスポーツをする子が入団して、好きかどうかもわからない中入ってくる(だいたい親に一回、やってみたいと言ったか、友達がやってるからで入ると思うんですよね。)

なので、まずいろいろやってみることができる場あると、スポ少も、子どもたちにとってもミスマッチや選択ミスが減りますよね。

まず、遊びとしてスポーツに出会う。

これです。

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3442.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3539.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3546.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3427.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3430.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3437.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3439.JPG

_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3440.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3446.JPG

これは、年に3回しか行えません。
みんな本業あるし、島中の子どもたちが対象なので。ただ、このスポーツパークで楽しんだスポーツを少年団に入って頑張るという図式が少しずつ出来てきました。

バスケや野球の少年団に子どもが増えたのも、ここからというのが多いです。

これを、もっと小さなコミュニティに落とし込みたい。まずはそのスポーツをやってみる。楽しんでみる場所作り。そして、もっとやりたい!!って子を地区のスポーツ少年団につなげていく

これがクラブでやる草の根活動です。
かっこよく言えばグラスルーツ。

放課後を上手に使ってやっていきます。

まぁ、これは子どもに限ったことではなくて、本当は73歳からテニス始める!とか、そんな風景も含めたグラスルーツを敷いていきたいとおもってます。
こういうのがスポーティやなぁ。と思うわけです。
昨日。テニスしました。
オモロイ!打倒アガシで行きます。

総合型クラブの情報はこちら。
_var_mobile_Media_DCIM_103APPLE_IMG_3801.JPG