月別アーカイブ / 2018年01月

出張からの帰り道、高松に免許の更新で出てたという事務局小林繭子女史に呼び出され、村上モリローブランディングのカフェで東京での報告と、漠と抱く「どうなんだろうか?」を雑談。

基本、まず大きく考え、これをやるとどんな風景が生まれて、どんな表情や、どんなセリフが飛び交うかをイメージして、こりゃいいぞ!!となればとりあえずやってしまうのが自分の思考なんですが、どうも最近その風景がイメージできないのにご一緒してる仕事が多く、そこに漠たる不安抱えていまして。

で、小林女史はその状態の思考をとりあえず聞いた上で、「仕分けができてない」と指摘してきた。

今すべきこと
やりたいこと
やりたくないのにやってること

を、整理して
今すべきことはチャッチャとやる。
やりたくないのにやってることは、チャッチャとやって終わらせるかやらないでいいようにする。
で、スッキリした頭でやりたいことを考える。
と、一刀両断。

さらに、帰りの船で
役場で頑張る地元青年団のホープと出会い、そこでの話でも
「なんかもっとおもろいことやるんちゃうんすか?」と葉っぱをかけられ。。

で、
結論が出たわけです。

全てではないけど、スポーティーじゃないやり方になってる!

まったくもってよくわからんと思うんですけど、
例えば健康のためのアクションって、病気に対する反論であって、病院に行きたくないから運動するとか、もう立ち位置がネガティブなんですね。それが悪いわけではなくて、そこにポジティブ(スポーティー)な選択肢を増やすために出来たのがスポーティーなわけです。
町の課題(そこに住む人の課題も町の課題)をスポーティーに解決するからスポーティーズなんですよね。

行政が取り組むそのアクションをネガティブから解放し、そのアクション自身が楽しくてやってるものに変換することが僕らの役目。

で、あるにもかかわらず、ルーティン化してしまい、その立ち位置がおざなりになっている。

ということで、早くも原点回帰。
スポーティーに徹底的にこだわります!!

東京で、他地域の行政スタッフが、
「スポーティーって、めっちゃいい言葉ですね!つかってもいいですか??」って^_^
これ、ただの形容詞なのでもちろんです。

このスポーティーという響きも、大阪でかっこいいやつらが営む#sportycoffee の響きが爆裂気に入ってやってるんで。(色が被ったのはマジでたまたま。)

ということで、仕切り直して、どんどんスポーティーしていきます!

はー、美味かった。
島の人にもオススメなのが、ここのレッドチャーシュー。肉感半端ないです。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2152.JPG

あと、noteはじめました。
ここには、スポーティーズの活動全体ではなく、ここから時間をかけて作り上げる「小豆島にプロバスケチームを作る」ということに限定して、地域スポーツって?と、スポーツビジネスについて書いていきたいと思ってますので、よければこちらもご贔屓に。

有名なのかも知らないけど、全然知らなくて、
なんかひまわりちゃんってなんだ?
よくある実写版ゆるキャラ??みたいの思ってて興味もなかったんだけど、まんのう町のひまわりの取り組みの実態を知って、
おおーっ!すげえやん!と。

_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2141.JPG

まんのう町は、たくさんの土地があって、その中でも休耕地も散見するんだって。
合併した町なので、その中の一部の地域で、
「ひまわりの里」として行政が事業化

空いてる畑を景観の良い花で。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2142.JPG
(中山ひまわり団地だって。いいね。)

観光資源だけじゃなくて名産にしちゃおうというのプロジェクトを、自治体と協力隊がメインでやってます。

ひまわりオイル。

まもなくリリースらしいです。
これをや出てるのが地域おこし協力隊っていいね。これまでは、地域内流通だったんだって。
この春から、搾油のシステムもパワーアップして、事業化。外へ発信だって。

扱う売り上げの規模の大小で、みてしまうところあるかもしれないけど、そういうのじゃなく、ちゃんと価値が作れる時代だから、小さいマーケットを
本気でやるってすごい大切だと思う。

今回東京に行って、この話を聞けたことは大きかった。それにしてもまんのうやるなぁ。

モンバスあるしね。





ダサ^_^タイトル。
有楽町で、移住というか、地域おこし協力隊の募集イベント。なんと、持ち時間3分^_^6時間かけて東京に来て、3分^_^

その前に流した島のPR動画。
いい風景、美味しいご飯、素晴らしい文化。
が流れ、いい雰囲気感バッチリの後。
その中で、きっちりと

この風景を、人口減少で、維持できないかもしれません。

から、スタートし、なんとか3分でまとめて。
熱心な方数名と本気で向き合って、終了。

その後、
仕事の話で、数年来やりとりしている方と初対面。大きな大きなチャレンジの相棒として、もろもろのお願いを。

シュート力を向上させる社会システムというわけの分からん話で盛り上がり、富士そばなう。
さて帰ります。
明日は明日で、僕の長ったらしい話のビジュアル化のために相談。
レターポットがなければなかった縁。

さて。
やはり富士山を見て、長野や新潟の山の方が好きだとわかったところで、ホテルに帰ってねることにします。
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2124.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2127.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2132.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2133.JPG
_var_mobile_Media_DCIM_102APPLE_IMG_2131.JPG

↑このページのトップへ