今日はお昼から寝ないで公園に行ったりしていたので、
晩ごはんを食べた時点でずいぶん眠かったようです。
まだ食事をしているわたしに「ぎゅう」と言って何度もくっついてきていました。

少し前の話です。
長男は行ってきますと挨拶するときに弟に「ぎゅーは?」と言ってハグを求めるのですが、
末っ子が乗り気でないときもあります(笑)。
「ぎゅー」と言って長男の腕の中におさまったあと、
今度は長男と私で「ぎゅう」するように促してきました(笑)。
「え、ママとするの?」と少し戸惑いながらもハグ。
最近はあまりないふれあいになったのでした。
人にもぎゅーを勧めるなんてすごく可愛いなと思ったできごとです。
(2歳1ヶ月)

これも #幼辞苑 ですねー。
末っ子の言う「ぺとと」は、ポテトのことです。
揚げものはわりと好きで、冷凍ポテトを家で揚げると家族のみんなより一足先に食べまくります(笑)。

例:マクドナルドの看板を見て「ぺととー!」と連呼。

あと最近語尾が「〜お」のときが多く、
ちょっと前のオタクのメールみたいだなぁと思っています。
「行くお」とか、「◯◯するお」と言っていて可愛いです。
(2歳1ヶ月)

寝る前に絵本を読む、というのをしたことがありません。
これまでそんな余裕がなかったというか、とにかく早く寝たい気持ちが先立って…。

でも3人目でもう最後だし、何とか続けていきたいと思いスタートさせた2019年下半期。
読んでいるのはこの本です。

『ちいさいモモちゃん』は私が小学生のころからの愛読書…なのですが手元にあるのは何と昭和59年発行!
続きを買ったことを覚えているのだったかな?
これを一話ずつ読み進めています。

末っ子は話を聞いているのかいないのかよく分かりませんが、
「あかちゃん?」「ねこ?」「でんしゃ?」と聞こえてくる言葉をくり返したり、
夜寝るときに読むというのが数日でルーティンになったようで「ももちゃん」と言ってくれます。
最終巻まで行ったらまた最初に戻ってやろう…(笑)。
そしてもうちょっと大きくなったらエンデの『モモ』が読めたらいいな!
(2歳1ヶ月)

↑このページのトップへ