今日は、ピアノのレッスン。
JAZZの、お勉強。
久しぶりのJAZZ。
この1年は、弾き語りを楽しく習うことを、
してきました。
弾き語りは、
松任谷由実さん。
Uruさん。
の曲に、チャレンジしました。
先生の、歌えば歌うほど上手くなる。
との、言葉がすごくわかる1年となりました。
また、身体のしくみを教わりながら、
歌い方の練習。
息の吸い方。声の出し方。
とても、しやすくなるのです。
不思議ですね。
夏の終りを歌った、
この3曲。
全く違う歌の表現にだけど、
過ぎてゆく夏の寂しさを、
感じとれた気持ちがしました。
また、今年も夏がやってきました。
いつだって、
季節はめぐるのに。
なぜだろう?
終わると、1つの思い出になる。
そんな、季節。
唯一。この夏だけは。
過ぎてゆく、
時間はいつだって短くて。
これからの、
あなたを見つめている。
ココロは、熱く。
ピアノに、想いを乗せて。
明日もきっと、
ココロは、平和を願うだろう。
明日もきっと、
ココロの、平和を祈るだろう。
この夏は、
誰より、誰もが、
世界の平和のために、、。
生きて欲しいと思う。
あなただけが、
特別ではないんだから、、。