月別アーカイブ / 2019年12月

人から、求めてもらえることは、
しあわせだと思う?
自分が、気を許せるひとなら、
しあわせなのかな。
好きだと想える人からの、
思いなら、しあわせかな。
どんな人からなら、しあわせに
思えるだろう?
わたしは、自分の大切にしてきたこと、
大事にしてきた気持ち。
それを、好きだと言ってくれる。
そんな人に、
しあわせをもらえました。
自分が、大切に想える人に、
大切にしてる想いに気づいてもらえた。
そんな、些細なことが、
しあわせなこと。
そう、思いました。
しあわせなこと。を、
探してきたけど、時は、
きちんと存在してるんだなぁと、
私は感じました。
今日は、クリスマスイブ。
会えなくなった人に、想いをよせること。
そればかりを、大切にしてる自分。
もう、さよなら。
やっと、めぐり逢えた。
これからを大切にしたいと思える夜。
自分の気持ち。
気持ちには、嘘はない。
正直でも、裏でもなく。
気持ちは、いつも表だと思う。
闇夜に響く鐘の音は、澄んでいる。
そう、思いたいな。
自分の気持ちが、
現れたこと。
それが、しあわせなこと。

今を生きること。

自分が変わり始めたから。

過去は過去。

今は、いま。

現在に存在しているから。

未来を変える。

この想いを強くしたい。

過去のわたし。

それを見ているのは、

他人だけ。

自分は、以外と過去の自分は、

見ていなかったりする。

周りに言われて気づく程度。

いつまでも、変わらずいられない。

自分は、少しずつでも、変わる。

気づいているなら、

そんな自分を、応援しよう。

信じていたい。

決して、自分が最高、最低ではない。

自分らしく。

自分が悔いないように。

しないで悔やむくらいなら。

して、今が変わるなら。

今がすべてにならなくても。

未来の可能性に。

自分を見ていたいから。

過去のわたしより。

未来のわたし。

それを見て驚かれたら。

わたしの勝ち。

いろんな考えくれる。

そういう人達に、

背中を押される。

人のこと、陰でしか言えない。

可哀想。

そう、私は思う。

他人を傷つけて、何が楽しいのか。

自分と向き合えない。

そんな時間は、もったいない。

自分が、自分でいられる。

そういう、努力を。

わたしは、忘れたくない。

そんなに、時間は、許されてない。

許された、この時間を生きるだけ。

↑このページのトップへ