私は、いつも自分が歩んでいる道を
肯定できないけど。
これでいいんだ、、。
って思っていても、私は劣っているから。
だから、仕方ないとか。
しょうがない。どうせ、、。とか。
普通に生きる。
ってことも、わからない。
今回の台風、人の人生や生活を考え
やまないことになりました。
今は、被害に見舞われてしまったかた。
本当に悲しいし、つらいし、嫌になる。
って感じてると思います。
なぜ、自分のところが、、。
こんな風に災害が起こる度に、
耐える人たちがいるんだ。
って、突き刺さりました。
怖いおもいを、ずっと今、この瞬間も続いている。
ただでさえ、ひとりの夜はつらい。
泣きたくなる。こわい。
小さいお子さんなど、抱えきれない寂しい気持ちになるよね。
こんなとき、自分が悩んでることを取り出すと、、。
やっぱり、酷いし、情けない。
と、言われて仕方ないね。
困っている人がいるのに。
本当に助け合えない。
そんな国になってるね。
もっと、心が豊かに、、。
ひとに、手をさしのべられる。
そんなやさしい気持ちになれる日常が、
そんな日々になりたいよね。
こんなこと、言ってる時間があるなら、
助けにきてほしいよね、、、。
人を突然、失う。
それは、何よりつらく。
残された側も、哀しい記憶になる。
私自身も、そうだし。
記憶にずっと残る。
でも、忘れてる。
とは、ちょっと違うんだ。
片隅に残された感じ、、。
だから、失う。
って、こわいよね。
一番は、悩みが失われたらいいのに、、。
いま、あなたがいる。
それこそが、存在することこそが、
人にとっての宝。
希望。道標。
どんなときも、永遠に、、。
なんて、ないから。
永遠になれないなら、
その限られてる存在を大切に生きようと、
そう思えるかな。


誰かを想うことは、
誰もができる。
大切にしたい人ほど、
人を強く想うことができる。
離れていれば、なおさらに、、。
自分が、何かできるところにいなくても。
こうして、寂しい想いをしている。
怖い想いをしている。
そういう、心細い想いをしている。
夜は、誰もが、不安になる。
どうか、せめてひとりにしないでほしい。
人を繋ぐ想いが行き交う。
どうか、夜を越えてほしい。


いつも、頑張ってる。
頑張ってる。と、思いながら過ごしてる。
だけど、報われないことはある。
人と同じように、健康になりたいと、
毎日、思いながら過ごしてる。
だけど、一度壊れた心を治すには、、。
毎日、薬に頼る。
頼るというよりは、日課みたいなものに
なっているけど。
心を保つというより、生活するバランス
を、薬で安定させて生きている。
最近は、障がい者の方も、いっぱいいると
わかりやすくなってきた。
私も、この病になるまで、わからなかった
ものがある。
普通であるためのバランスが、人には備わっているんだと。
だけれど、壊れると、簡単には戻せない。
時がたつのははやく、時の流れは待って
くれない。
そんな中でも、一生懸命に生きたいと。
生きたいと。願って生きている人。
いっぱいいるのに。
自分が自分でいられなくなる。っていう
この精神疾患。
ほとんど、理解されない。
道を外れた人は、救いの手がほしくても、
ひとりで、もがきながら生きてる。
そして、道から外れたら疎外される。
でも、痛みをわかち合える同士の繋がり
は、強くなる。
人と同じじゃなく生きている人は、
普通であるためのバランスを欲しがって
いる。
人の願いは、人それぞれ。だけど、
生きる。ということは、みんなが同じ。
だから、個性というまえに、
ひとりの人として、心をもつ人間。
っていうことを理解して欲しい。
心や身体が、言うことをきかないのは、
誰もがわかるはずのこと。
少しの風邪や怪我でも、それを感じる
ときはある。
だから、不自由という時間が常にあること。
もっと知って欲しい。
誰もが、普通を望んでる。
つらいのは、生きてる人みんな。
だけど、普通でいられるのなら、
余計に人の気持ちに寄り添える
状態にいるんじゃないのかな?
だけど、見下したり、暴言を言ってみたり。
きっと、自分は、そうならない。と、
どこかで思っているから。
助けてと言えない環境に、障がい者はいる。
もっともっと、人のこころ。
を、大切にしていくことができるのなら。
普通のことは、普通じゃないと、、。
どこかで、気づいて欲しい。
願いは、
傷つけるだけの世界はいらない。
健康になりたいと願う。
ちっぽけなことに思うかもしれないけど。
健康でいられるってしあわせ。
ある意味では。
もっともっと大切な想いに寄り添う。
ことが、できる世界。
ひと。が、在ってほしい。

↑このページのトップへ