西岩部屋ではこの春場所に二人の弟子が初土俵を踏みました。
長野県出身の若鳥海。
本日、前相撲を取り終え私の化粧まわしを締め出世披露を行いました。
zkdKEZnCi6.jpg
ZXuoHWwdLN.jpg
体は小さくても運動神経は抜群です。番付を上げ人気力士になってもらいたいと思います。
そして、私にとって思い出の化粧まわしが久々に土俵の上で輝いてる姿を見ることができ感動しました。
私が38歳で引退が近づいてるとき、お世話になっている先生から新しい化粧まわしを贈呈したいと言われました。私は「今新しい化粧まわしをいただいても何場所締めれるかわからないのでお断りします」と伝えると、「一日でもいいから締めてもらいたい」と言って新しい化粧まわしを贈呈していただきました。その先生への感謝の気持ちを込めて今日は若鳥海に締めてもらいました。
その先生は、西岩部屋創設を誰よりも楽しみにしていましたが、部屋創設を見届けることなく旅立ってしまいました。今日、若鳥海が先生からいただいた化粧まわしを締めて土俵に立ったことを天国から喜んでいることと思います。


そしてもう一人の弟子は、青森市出身で力士ではなく行司の木村公輝です。今日まで前相撲を裁いてきましたが、いよいよ明日から本割の相撲、序ノ口の取組を裁くことになりました。こちらも初土俵です。
V5bMRXy9ta.jpg


春場所で初土俵を踏んだ二人を末永く見守っていただきたいと思います。





それでは
みなさん、またお会いしましょう

西岩部屋
西岩忍

本日、三月場所の新番付が発表になりました。西岩部屋でも先場所勝ち越した力士は番付が上がり嬉しい番付発表となりました。

その中でも、若中谷が三段目昇進を果たし「八女の里(やめのさと)」に改名しました。
故郷の八女の方々に愛される力士になってほしいという思いで私がつけました。「八女」という故郷の地名と、私の「の里」を組み合わせたものです。
「八」は末広がりで相撲界では勝ち越しを意味する数字で縁起の良い字です。
「女」という字は力士としては少し優しい字かもしれませんが、過去には横綱で女という字を使った人もいます。第34代横綱 男女の川(みなのがわ)関です。横綱でもシコ名に使う字ですのでこちらも縁起がいいと思います。
新しい四股名を大きくするのは、八女の里自身です。頑張ってほしいと思います。
66hzBHARIF.jpg


そして
昨日は三名の力士が小さなマゲを初めて結いました。入門してちょうど一年が経ち力士らしくなりました。この小さなマゲを大きな大銀杏にするかどうかは自分自身です。頑張ってほしいと思います。
pL4mgWvtZq.jpg


そして、減量中の私も体重を減らすか増やすか自分自身です、、、頑張ります。

今日2月1日は西岩部屋の誕生日です!
昨年の今日、西岩部屋は産声を上げました。それから怒涛の1年で、まさに光陰矢の如しと言う言葉が当てはまります。
喜び、楽しさ、嬉しさ、悔しさ、、、充実した1年でした。
そして力士達もこの1年で逞しく成長してくれました。
今朝、1周年記念の集合写真を撮りました
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1346.JPG

そして、みんなで表参道までランチに出かけました!
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1340.HEIC
_var_mobile_Media_DCIM_101APPLE_IMG_1337.HEIC
nuKg6XdxRJ.jpg
2年目も西岩部屋頑張ります!


そして
本日、西岩部屋に新しい仲間が増えました
行司 木村公輝
青森市出身の17歳です。
2月1日付で日本相撲協会に正式に採用されました。西岩部屋所属の行司として頑張ってほしいと思います。
gk4pf00sTY.jpg

↑このページのトップへ