『Carlos様、何卒、何卒ワタクシとお渡りくださいませ』
と言っている、『うつけ蛸チュウ』を忍ばせてみる。
(篤姫を見ている人ならニヤリとして頂けるはず(笑)

おかず

愛妻出し巻き卵(めんたいこで愛情倍増)
いんげんとにんじんのポークチャップロール
なすびの味噌炒め(今娘がハマっている)
焼き鮭
マカロニサラダ
鶏団子カレー風味(自家製冷凍食品の鶏団子をカレー風味に)
かぼちゃの炊いたん(自家製冷凍食品)
ブロッコリー
プチトマト

『お渡りください』うつけ蛸チュウ
(何気にキャラもんにしようという魂胆)


蛸めし




まぁキャラ弁とは違い、こういう普通の(笑)弁当は恐ろしく早く作れてしまうので、時間を持て余したワタクシはある計画を企てた。その名も、

『Carlos愛妻弁当~おっCarlosさん、今日は愛妻弁当ですか?!~計画』

弁当2つ分作れる分量は優にあったので、娘と自分が食べる分を別の弁当箱に詰め込み、蛸めし弁当を『愛妻蛸めし弁当』に進化させ、準備完了。後はCarlosにこの弁当を持参してもらうよう、懇願するのみである。しかし何故、たかが弁当で『懇願』するのか・・・


Carlosは『弁当を持たぬ男』なのだ。


理由はいろいろあるそうだが、基本的に弁当を引っさげて会社に行くという行為はCarlosの美学に反するからだと認識している。だから一度断られてから、これまでワタシはCarlosの弁当というものを作った事がなかった。しかし妻として、一度は言われ欲しいではないかっ。

『おっCarlosさん、今日は愛妻弁当ですか?!』
そう言われて『いや、まぁ妻がどうしても持って行けと、言うもんで・・・』
と、少しハニカミつつもちょっと自慢げに愛妻弁当を食べるCarlos。
『あ!卵焼きがハートだっ。ラブラブじゃないですか~』
『当たり前じゃないか。駅弁キャラ弁、僕イケ弁♪ハッハッハッ』

・・・と妄想は膨らむばかり。。。

そんな妄想をモッコリさせていると、Carlosが起きてきて
『今日もキャラ弁を作っているのか』
と言うので
『い、いや今日は違って・・・』
とモゾモゾと言ってみる。

『えっ?!コレ持って行け?!』
やはり予想通りの答えが返ってきた(´ε`;)

『う、うん。なんでか作ってもうたねん~』

『うーむ。。。』
考え込み、煙草に火を付け、そのままいつもの如くトイレに篭るCarlos。

数分後、Carlosが出した答えは
『じゃ、弁当食べに帰ってくるから。』
というものであった(笑)


そしてお昼には、Carlosが家に帰ってきてくれ、ワタシと娘も一緒に弁当を食べて一件落着(笑)ワタシが弁当を作ったばっかりに面倒な事になってしまったのだが、Carlosも弁当はまんざらでもないというような感じで、ウマぃウマぃと食べてくれた。しかし唯一Carlosが弁当を持っていても良いという条件がある。

『ヴィトンの特注弁当箱』

この弁当箱なら持って行ってくれるらしいが、ワタシの頭髪や血を売っても、そんなモノは買えるはずもなく(´Д`lll)今後、やはりCarlosは『弁当を持たぬ男』として彼の美学を全うする事となるのであろう(笑)







コノ場をお借りして、謎の男『Carlos』についてご質問を頂いておりますので、
いくつかご紹介いたします。


Carlosの職業は?
『アッチ系』『ソッチ系』『ドッチ系』でもなく、普通のビジネスマンです。

Carlosの出身地は?
愛媛県八幡浜市です。八代亜紀とはなんの関わりもありません。

Carlosは年中、パン一・タンクトップなのか?
アホではありませんので、年中タンクトップだけ着ているわけではありません。
家にいる時は、基本裸パン一ですが、さすがに真冬だけはガウンを着ています。


以上よろしくお願いいたします<(_ _)>






コメントを閉じてからも、メールやメッセージを沢山頂いております。すぐにお返事できませんが、必ず目を通しています。ワタシの事をお気遣いして『返信不要』と言ってくださる方々。本当にありがとうございます。少しずつではありますが、お返事をしたいとおもっていますので、気長にお待ち下さい。





ママーリオさん、どうもありがとう(笑)