月別アーカイブ / 2009年09月


ニシノカオリで焼いたバゲット。
知らん人が聞いたら『誰?』という感じだが、高級お粉のお名前でございます<(_ _)>

久々に分割したら、成型に失敗(´ε`;)
ちと尻つぼみになってもぉた。。

ぺ、ペラくない。膜、分厚いで~(ΦωΦ)
これや、この分厚い気泡膜っ。

掻っ捌きの全体像。
気泡も結構入ってる~

レシピに『なるべく』忠実に。

『なるべく』っていうのはイーストの量。

レシピでは0.075gなのだが、うちのイースト専用ハカリでは倍量の0.15gを量るのがやっと。イーストを倍量すると粉量も500g仕込まないとあかん。。。
そんな危険は犯せない(笑)


という事で、『何となく0.075g』を量ってみる。

上が0.15gを計量スプーンの1/8にセットしたのに入れてみたのん。大体小さじ1/8の1/2。

下が大体その半分(1/8×1/4)。なので小さじ1/32位。小さじ1杯が約3gとすると小さじ1/32gは3/32で0.09375gになるので、まぁ大体小さじ1/8の1/4位でええんちゃうかな?(^_^;)

20分ごとに2回パンチ後。

ニシノカオリ、結構吸水が良いような気がする。

でも、たぶん大体2倍位になってるからこんなもんでええんちゃうかな・・・?

何せまだレシピの写真が出てないので何とも言えないが。。。
あくまでワタシ個人のやり方なので、ご参考程度に流して見てください<(_ _)>

今日作ったもの。

ニシノカオリバゲ2本
依然窯チジミする、ホシノ山食2本
プレーンベーグルとブルーベリーベーグル
紅茶のカンパ
マロンロールケーキ
紅茶のマカロン

今日はコレだけ作ってママ友さん2人に持って行った。

ニシノカオリバゲットはお昼に一緒に食べた。
味は芳醇な発酵乳のかほり・・・は分からんかったが(^_^;)
今まで食べた事のない味。なんかね、味が濃くて甘みがある感じ。芳醇や~(笑)




以上、ニシノカオリを焼いてみた。でした<(_ _)>



↓ちびっと押したって下さい<(_ _)>


フィセルを焼く。

なんかどじょうとかうなぎとかが巣から覗いてる風(笑)
ケシの実をまぶしたのと、普通のん。


中身はどないや~
ウチもペラいよ。。

でもフィセルは軽い方がおいしい、と思っている。バゲットはもうちょっと分厚い膜が欲しい。
粉かな~やっぱ粉かな。。


最近『いくら』を作るのに凝っている(笑)
筋子を買ってきて、一つ一ついくらにしていくのが楽しくてつい買ってしまう。
もちろん出来合いのいくらを買うよりも安くつく、ってのもあるけど。

アボカドのペーストといくら、それにエリンギとレンコン、ベーコンのホワイトソース絡めを乗っけて焼いたのん。

柿のサラダと一緒にごぼうのポタージュ。


これはプルーンコンポートのグラタン。
こないだ作ったプルーンのコンポートとさつま芋のオレンジジュース煮込みを作り、アングレースソースとクランブルを乗っけて焼いたもの。
めっさ適当、んでもコレがまたがうまいのよね(笑)


今日の夕方焼き上げたカンパ。

いつも言いますが、カンパ苦手。丸め苦手。。
なので今日は吸水下げてみた。

今日も無水様に助けられる(笑)
高さが出てうれしい~(≧э≦)

ワタシにバゲットをジャックジャックとアホみたいに・・・
いや失礼(笑)

バゲットを日々修行してはる方はもうご存知かもしれないが、CUOCAでついに発表された賀シェフ公認超上級レシピ(ノ゚∀゚)ノ

写真、はよ出んかな~


コントレックス買いだめしてニシノカオリが来るのを待つとしよかな(笑)
めっちゃ楽しみ。が、めっちゃムズそう(´ε`;)

↑このページのトップへ