月別アーカイブ / 2007年11月


今日焼いた胡麻味噌バゲット(黒胡麻は賞味期限内)

胡麻と言えば味噌。
味噌入りなのでおふくろの味・・・でもないが(笑)


豚の角煮と・・・合わなくもない(強引)


高橋雅子さんの新刊『ゆっくり発酵カンパーニュ』よりワインベースのカンパーニュを作る。夕食時に撮ったので、画像が悪いが・・・あ、パンもいまいち(´ε`;)

このカンパーニュ、最初レシピを見たときに『???』であった。
何故ならこのレシピはワイン、プルーンまでは分るのだが、それにバニラビーンズ、珈琲豆が入るのだ。
半信半疑に作ってみたら、このバニラビーンズと珈琲豆の意味がわかった。
甘酸っぱいプルーンと甘い香りのバニラ、香ばしい珈琲豆。
やっぱりプロのレシピってすごい(ノ゚∀゚)ノ


今日は待ちに待った、ボジョレー・ヌーボーの解禁日。

・・・酒がものすごく弱いワタシがボジョレー・ヌーボーに興味あるはずも無く、スーパーで知る(笑)
Carlosが昨日発熱していたので、コレで治るかも?と思い、一応買っておいた。


料理はラム肉の香草パン粉焼きトマトソースと豚バラのプラム煮。
どちらも赤ワインが入っている。
豚バラのプラム煮は『ゆっくり発酵カンパーニュ』に載っていたもの。かなりウマぃ(人´∀`)

ワイン100mlほど飲んだ。ワタシにとっては致死量である(´Д`υ)


最近、リュスティックのおいしさを実感している。

以前、初めて焼いた時から比べると、だいぶん小マシになったかも。

いやぁ、リュスティックがこんなにウマぃとは知らなかったのだ。
なんとなく見かけが好きではなかったし(笑)

ワタシの尊敬する方が『自分で焼いたリュスティックが一番おいしいのよね』と
言われたのを聞いた時には、ピンと来なかった。
が、自分で初めて焼いてその意味が分ったような気がする。

バゲットやカンパーニュに比べて、成形は実に簡単。
切りっぱなし~
簡単だし、何より焼きあがりが軽い。
クープはやはり影響するが、バゲット作るよりも絶対オススメである。
しかし、切りっぱなしが故に、かっちょいいリュスティックはすごくムズぃ。
三角の方がいいのだろうか・・・次への課題。


リュスティックのサンドイッチ。
ソースはバルサミコベースのもの。
生ハムと無花果の組み合わせで、オサレ度アップ(ノ゚∀゚)ノ

↑このページのトップへ