月別アーカイブ / 2015年05月


こんにちは。
昨日はジツロク・クモノイトの取材や打ち合わせなど、盛り沢山でした。
昨日はVALSHEにとっては珍しい服を着て一日過ごしたのですが、写真は割愛!
近いうちにオフショットよりも良い形で発表出来ると思うので、楽しみにしていてくださいね。

今回の「ジツロク・クモノイト」は近現代文学小説に着想を得ているという事も相まって、耳で聴いていただきつつ、文字を読む、という行程で得られる情報もかなりのものになっています。
Musing盤はその最たる例ですが、取材でも、そこでしかお話出来ないエピソードを色々とお話させて頂いてますので、今後あがってくる情報をチェックしてみてくださいね。

昨日はそんな「ジツロク・クモノイト」の全楽曲視聴スタートでしたね!
皆さん、もう聴いていただけましたか?
いち早く聴いたという方から、発売までは敢えて聴かない組の方までいらっしゃるかと思いますが、下敷きにした「近現代文学」というコンセプトからどこまでサウンドの幅を広げられるか、広げているか…少しばかり触って頂けるかと思います。

ジツロク・クモノイトではVALSHE最高速BPMのゴリゴリロックサウンドを。
破戒の枝では歌謡デジサウンドにストレートな問いかけを乗せて内なる抑揚を散らし。
人間失覚ではボーカルワークをアダルトに切り替え歌謡感を残しつつラテンの風合いを。
MANY ORDERでは「子どもらしさ」を軸足にしたボーカルワークと歌詞の真意の奇妙な対比を。
暗い夜の行き路ではサウンド、歌詞、ボーカルの三位一体で徹底して目指したどん底の味わいを。

他にも聞き所ポイントとしてはたくさんお話したいのですが、
ひとまず視聴開始ということでVALSHEからのひとくちポイントです。


そして本日18時!
ついに「ジツロク・クモノイト」MUSIC VIDEOのショートバージョンがVALSHEオフィシャルホームページ、youtube VALSHEオフィシャルチャンネルにて公開されました!

今回のMVはある意味最大の見所です。
「全身でぶつかってきました」をリアルでやってきました!

   

傷痣だらけで足は肌色の部分が無くなるほど過酷な、24時間の体力戦でしたが、
それがよりリアルな形を作り、自分の目指した完成図以上のものが出来たと思います。
VALSHEの希望を汲み止めることはせず、心配してくれるスタッフの皆さんも懸命にサポートしてくれました。

おかげで、蜘蛛の糸と言う作品をもとに生まれた今作ジツロク・クモノイトと言う楽曲が言わんとする事を、MVにすべて詰め込むことが叶いました!

P1070114

是非、どなた様にも見て頂きたいです。


蹴り落とせ。そして、どこまでも登れ。







今日は美容室で髪色を少し整えて来ました。

いつも担当してくれる担当さんはButterfly Coreの半年程前、ビジュアル解禁からずっとお世話になっていて、先日髪のカラクリを書いた記事内で「突然のVALSHEの黒染め暴走事件に愕然としていた」あの方です。

ジャケットでのカラーの見え方や、セットをした時の形、LIVEなど照明があたった時の見え方など、要望を細かに汲み取り色々と先を見据えたメンテナンスをしてくれる心強いサポーターで、とても頼もしい店長さんですが…

最近美容室なのに足湯をはじめたそうで、VALSHEも治験者として体験しました。

IMG_0005

それがまた設備などなど本格的で、心の中で「テンチョウナゼ!」と思いながらも時間を満喫させていただきました。
スッキリするものですね、足湯に来て良かったです(?)
VALSHEの信頼する変わり者の担当さんについて、でした。笑


そして今日は…我が家の長女。

初めてティコさんとの写真を。
おとなしいですがなかなか前を向いてくれません。

20150517-1


呼んだら前を向いてくれました。

20150517-2


久しぶりのティコさん登場回でした。


ちなみにペロタンは育ち盛りの暴れん坊なのでそうそうこうして一緒に撮ってはくれません。
今度がんばってみます!笑


皆さんは人間以外の家族はいらっしゃいますか?
犬でも猫でも鳥でもそれ以外でも、いるだけで家の中が賑やかになって、明るくなる存在ってすごいですね。








今日は7月5日開催のstoryteller「歌劇演舞」グッズの打ち合わせなどをしつつ、
ジツロク・クモノイトの制作も一息付き、今週の土日は切り替えのタイミングと位置づけ、ゆったりめの時間配分で過ごしています。

昨日のコメントを見ていると、多くの人が日記を付けているなかでもその付け方が様々で面白かったです。自分と同じように短い文章で記録している人もいれば、日記を書く事が大好きだと言う人、
中でも興味を持ったのは「自分でオリジナルのキャラクターを作って、自分の日常を過ごしてもらう」と言う日記の付け方。
なんて斬新!!日記をつけるという行為一つとってもこうも様々なものかと。

十人十色の考えや見方、捉え方、方法は聞いていて本当におもしろいですよね。
ネット発シンガーという自己紹介に反して、実はこのブログや最低限のアプリケーション、制作に必要なもの以外あまりネットを活用せず生活するVALSHEですが(情報系は紙が好きなので)、自分視点の狭い世界では知れない、見れないことが溢れていて、ワールドワイドウェブの好きなところの一つです。

書店で「インターネットを使いこなしていない人へ」的な書籍をみるたび「自分のことか」と思います。笑

世間の皆様は使いこなしているのだろうか…!
最近の会話に支障が出そうなので、アイクラウドがなんなのかはそろそろ覚えようと思っています。笑


今日、道の前でハトが二匹、看板の上を仲良く散歩していたので、
修一と健太(兄弟)と名付けて観察して遊びました。

IMG_0744


その様子を観察中、よそ見した隙をついた白皙さん撮影の写真です。



それではまた!

↑このページのトップへ