昨日は長い長いスタジオDAY
恒例のチームVバンドメンバーで。

FullSizeRender(1)

いま敢えて紹介してみます。

左から
★ギターの健ちゃん
犬好きさわやか好青年バンドマスター
生田目勇司を避けるのが上手くとても温厚だが深夜にかけて生田目勇司への扱いは雑になる
愛犬は琥珀くん。とてもかわいい。

★ドラムの生田目勇司
出会った頃(ジツクモMV現場)は生田目さん、2015年ツアー中は生ちゃん、ツアー札幌で好青年詐欺がバレた後、生田目勇司の愛称で親しまれている
ドラムに対する熱意とメンタルの強さがチームVの白皙先生のそれと非常に近い。
結果白皙さんとは師弟関係である。

★ボーカルのVALSHE
白い服を来てテーマを「きっと来る」な感じにしてみようとしたけど特に誰にも怖がられないそういうことが多い。ソロシンガーなのでバンド紹介では必ず自己紹介を忘れる。
次は忘れないと意気込んだ翌日にも忘れる。
次は忘れない。

★ベースの信くん
調和男子。気配り上手で優しくそして派手である
上から下まで必ず派手である
生田目勇司の避け方がダントツで上手い、演奏中の蹴り入れパフォーマンスは必ず見た方がいい。
それも含めて派手である。


はい、そんなメンバーで昨日も楽しく録って参りました!


録った結果…VALSHE至上最強の攻め曲になりそうです!!

いま作っているものはVALSHEのソロ復帰作になるので、
以前話した「この状況じゃなきゃ出来なかったもの」と、「ソロ復活したら必ずやりたかったもの」が、サウンドやテーマに凝縮されています。

その中の一つに、この攻めに攻め切った楽曲があり。

昨年のツアーを経て、休止期間を経て、
きっと皆さんもパワーアップしているだろう、溜まっているだろう、という予測と期待のもと…(ニヤニヤ)

……腕、鍛えておいてくださいね(予告)



バンドレコーディングの前には必ず仮歌を入れます。

IMG_4038

歌詞の内容や歌い方を先に知ってもらうことで、
演奏が大きく変わるので、ゴールした時に違いが出ます。

合間に「きっと来る~」に挑戦したりしながら。

IMG_4058

一度だけ「なんか怖い」と言ってもらえました。

待ち時間の間には、VALSHEはトンカチで生田目勇司を材料をコンコンして、
とある制作のための準備を進めたり。

FullSizeRender


そんなこんなで丸一日、楽しいスタジオ制作の時間を過ごしました。


最後の集合写真、皆で撮って。

FullSizeRender(2)


撮って………

FullSizeRender(3)


撮ってみたけどこうなりました。



以上、現場のVALSHEでしたっ★