exist†trace

LAST MAY JAGUAR

主催による

「ロックヒロインFESTIVAL#01

 

出演させていただきました。

 

ここ2年はダンサーとツアーを巡り歌い踊っていたVALSHEにとっては本当に久しぶりのバンド形式で

眠らせていたスイッチを押せるこの日を楽しみにしておりました。

 

exist†trace様、LAST MAY JAGUAR様ともに

それぞれ積み重ねてきた音、歌、特色で

音楽の楽しさだけでなくかっこよさ、美しさを魅せられていて

演者として以上に楽しませていただきました。

 

そんな方々とご一緒できて、

大切なスタートのゲストとしてVALSHEを選んでくださって

本当にありがとうございました!


1561143751777.jpg

ジョウさん、yuricaさんと

 

 

これからもまだまだ続いていくであろう「ロクヒロ」は

強化され、さらに素敵なステージになっていくのでしょうね!

自分も陰ながら楽しみにしております。

 

 

 

さて、フェスではおなじみになりつつある

鬼さんシリーズ第3弾「火鬼交々」

駆けつけてくれた皆さん、ありがとう!!


1561143817107.jpeg


ロックと名のつくステージで

今回はより今まで以上に

音そのものを楽しむこと

その瞬間の衝動を大切に

「ロクヒロのテーマ」にふさわしいと思うステージを作らせていただきました。


応えてくれて嬉しかったです。

本当にありがとうございました!!

 

 

次は

歌を「聴かせる」こと

言葉を「贈る」ことを最優先にした

UNDツアーです。

楽しみに待っててね。

 

 


「SYM-BOLIC XXX」
名古屋、大阪、東京
リリースイベントに駆けつけてくれた皆さま
ありがとうございました!

週末の日本は暦を確認してしまうほど暑く、
ここ数年は太陽に愛され過ぎて困っているVALSHEですが
そんな中たくさんの方が言葉を、歌を聴きに、
思いを届けに来てくれてとてもとても嬉しかったです。

アニバーサリータイトルということで
来てくれた皆とお祝いしたいという思いと、
「言葉をより、伝えたい」というところで、
各イベント会場でも、いつも以上に作品について、
届けることについて話しをさせていただけて
自分の中でも価値の高い時間になったなと沁みています。

ほんとに…楽しかった!!!

IMG_0634.JPG

名古屋、大阪前半はWHITE仕様
大阪後半、東京はBLACK仕様で。
お目当の仕様には立ち会えましたか?

作品は巣立ち、時間は前に進み、
「次」や「また」がある保証はない。
発売まで費やした時間が嘘のように「発売週」は過ぎ間も無く「旧譜」などと呼ばれ、
イベントでどれだけの言葉を交わしても、自分たちはまた散り散りに日常に戻り
「現実に戻った」なんて揶揄しながらまた精一杯それを繰り返す。
しかない。はずはない。

よくわからない常識だけを仕方なく受け入れるのは終わりにしよう。

聴いてくれる人が生きているうちは永久的に心の防具になってくれ、と思いながら作った曲です。
これからLIVEやイベント、歌わせてもらえる機会には、それを強化していこう。
これから、長く愛してやってください。


次がありますように、また会えるように頑張ろ!



昨日、ついに通算100曲目のタイトルを表題に掲げたシングル
「SYM-BOLIC XXX」リリースされました!

発売日の昨日はアニメイト池袋本店様に遊びに行かせていただきまして、
4回目となる店内ラジオジャック。
抽選会&ラジオ視聴に集まってくれた皆さま、ありがとう!
7k_SevoxEj.43.38 1.jpg
アニメイトジャックのラジオはいつもバラエティが楽しくて、今回はいつにも増して自由度が上がっていた印象ですが。

自由度の最たるは今回もやはり偶然池袋に友人と来ていてアニメイトに寄ったレーベルメイトの焚吐を今回もスタッフさんが発見して捕獲したのちゲストに招くという奇行でしょう。
ただ今回は、「SYM-BOLIC XXX」に収録されている「空腹」を提供してくれた大義名分も万全に、ここでしか聞けない「空腹」エピソードもたくさんお話しできました。とても良かった。

残念ながらお越しになれなかった方に要約しておくと
「空腹」はこういうものを歌わせたいという焚吐の煩悩であり性癖、ということです。

要約した場所が間違っている気もしますが次。

夜はNACK5さんの「THE 魂」に生出演。
ひさしぶりに帰ったホームは昨日もホームで、作品についても熱く語ってもらえて、毎度のことながらあっという間の時間でした。
65r8JYGuh6.16.54 1.jpg
聴いてくれた皆さんありがとうございました!


「SYM-BOLIC XXX」
またここで、これまでのこれからを繋いでくれる大事な作品が生まれました。
折れても決して終わりじゃないけど、折れたくないと思ったとき、
まだだ、と思ったとき、この曲があなたの背中を押しますように。


明日からのリリースイベント、楽しんでいきましょう!!


↑このページのトップへ