私にとって「書く」という事は
紛れもなく心の底を攫うこと

だけどそれらは記憶に過ぎす
「今」では無い

今日までの
歓びや悲しみ
苦しみや痛み
本を読んで受ける影響…なんかもね

結構感化されやすいのでユラユラ揺れる

生きてると予想を超えることばかりが起きる

もともと先のことは考えないタイプ

目の前に起こった事を楽しんでいきたい

迷って傷つけることも
焦がれて溺れることも

愛することも
恐れることも

この世にある感情を味わうのは悪くない…


終わりなんていつ来るか知れないのだから…


後悔はしたくないのよ


例え傷ついてもいつかは癒える


傷がつかなければ膿んでくだけ


疼く痛みは好きじゃない…



B2YbOOr9vY.jpg

やっと梅雨明けするみたいね…