20-05-10-18-38-31-542_deco.jpg
食器を見るのが好きです。

一客数万円のカップを集めているような器の玄人のみなさまから実際にお茶をいただきながら吸口の厚みや滑らかさ、カップの取手の握りのよさ、持ち重りの確かさなど食器が飲み物を飲むときいかに感覚に訴えるかということを少しずつ教えていただき、徐々に違いがわかってきました。

出先で食器を見ると持ち上げたり指先で縁をなでたりしながら吟味してうっとりしています。

でも手に入れるのはやさしいけれど、捨て下手なので手放すのはとても大変。よほど気に入ったものでなければ買わないことにしています。

その代わりいつか究極のカップに出会えたらそのときは値札をみないで買うよ!
出会いものだからね!

と思って生きてきたのですが、旅先で必要に迫られ間に合わせにダイソーで買ったマグが重さ、大きさ、厚み、取手の形と薄さなど私の理想のすべてを満たしており、持ち帰ってから毎日いそいそ飲み物を作ってはうっとりと飲んでいます。完璧。プリントされたイラストもいい。

少し前に自分にとって究極のティーカップも見つけたのですが、こちらは旅先で入ったホコリだらけの金物屋でバラで投げ売られておりました。手書きの模様が入った歴とした新品の磁器ですが「閉店するつもりだから何でも持っていって」と新聞紙で包まれてやってきました。500円でした。

ちなみに茶葉の類も金に糸目をつけず究極のお茶を…!と思って来たのですが、いまウキウキ飲んでいるのはスーパーで半額になっていたリプトンの桜紅茶です。

毎日とてもしあわせです。

鑑定と講座のご依頼はこちらから

「マシュマロを投げ合おう」に匿名でお寄せいただいた2000件近いご質問への回答をInstagramとアメブロにまとめています。