月別アーカイブ / 2017年11月

P_20171128_151919_DF.jpg
こんにちは!ポーラです。
ホームページを作りました。

これまではてなblogにメニューやサロンの所在地を書いていたのですが、更新すると記事が流れていくので、現在どうなのかがわかりづらかったんですよね。メニューバー設置やカテゴリーの統一がなかなか上手くいかず。

まだ制作途中なのですが、よかったらのぞいてみてくださいね。プロフィールに占い師になるまでの短いまとめもあります。お問い合わせ、鑑定、ヒーリングのご依頼もこちらからお受けできます。
メインblogはこちら。
あちこち散らばったblogやnoteもホームページのblog蘭に納めてまとめていきたい。

line登録はこちら。
my_qrcode_1510125752077.jpg
実はline登録ボタンに憧れてはじめたlineblogなのですが、設置と連動のさせ方がわかりません。

占い師になってから占いと関係ないこともたくさん勉強しないといけないなあと日々感じています💦

IMG_20171110_064011_308.jpg
こんにちは!ポーラです。

今日はタロット占いをはじめた方におすすめしたいタロット日記のお話です。

西洋占星術が気象予報士だとすると、タロット占い師はドッグトレーナーのようなものです。

鼻の利く犬は人にわからない香りをたどって遭難者を見つけたり、麻薬を見つけたりしますよね。

でも犬はしゃべれませんから、要件を犬に伝えたり、犬が出すサインを汲み取ったりするには訓練が必要です。

コミュニケーションが上手くいけば子供と子犬でもチームを組んで問題を解決できますが、意志の疎通がはかれない優秀な人と優秀な犬では上手くいきません。

タロットで何かを占うとき、タロットは犬、占い師はトレーナーのような役目をしています。

犬を飼ったことのない人は犬のうなり声や尻尾の様子を見ても、怒っているのか怖がっているのかよくわかりません。

そこで犬の飼い方を教わる。これがタロット占いを学ぶということです。

犬にも種類があり、犬種に共通の個性が見られることもありますね。タロットも同じで、大きくわけてマルセイユ版というフランスで生まれたカードと、ウェイト版というイタリアで生まれたカードがあり、両者の解釈は(つまりトレーナーに犬が出すサインは)少し違います。

そして犬にも個体差があります。自分の家の犬なら様子はわかるけど、よその犬はわからないという人もいるでしょう。

こんな風に犬をトレーニングするようにカードを飼い慣らしていくのがタロットカードマスターへの道です。

タロット日記には以下のことを書き残します。

・カードへの質問
・スプレッド(カードの並べ方)と絵柄
・解釈
・感想
・結果がわかった場合は後日追記

解釈は占いの本を書き写したものでも、そのとき自分が考えたものでもかまいません。こうして書き残しておくと、結果が出てからもう一度カードのメッセージを振り返ることができますね。

そのときはカードが質問に答えていないように思えたけれど、あとで「これのことだったか」とわかる場合もあります。

すでに答えがでている過去に関する質問や(元彼はどんな人だった?)、現在の暮らしをどう思うか(今日一日を一言でいうなら?)を尋ねてもいいでしょう。

質問とカードだけを書き残すのでもいいですが、解釈を書き上げる練習をしておくと人を占ってあげるときに役立ちます。

タロット日記をつけると、占うこと、解釈すること、それをまとめることが自然にできるようになります。

占う、解釈する、まとめる、伝える。これは占い師の仕事の基本です。

あなたも今日からタロット日記をはじめませんか。

Twitterに流してまとめておくのも便利です。タロット仲間もできて楽しいですよ。

ちなみに上のカードはウェイト版をアレンジした鳥タロット!はじめてカードを選ぶなら参考書籍の多いウェイト版か、ウェイト版のアレンジ版をおすすめします。

鑑定、ヒーリングのご依頼はこちら。

メインblogはこちら。
line登録はこちら。
my_qrcode_1510125752077.jpg


こんにちは!ポーラです。
今日は暮らしの小ネタを紹介します。
P_20171123_141149.jpg
壁にカーテンタッセルをかけるフックがないとき、フックを取り付けて壁に穴を開けたくないことがありますよね。

サロンには二方向に窓があるのですが、どちらもタッセル用のフックがありません。
こんなときタッセルをカーテンに固定するボタンを作るととても便利です。
P_20171123_140654.jpg
画像では壁から離していますが、ふだんは自然に壁に沿います。
P_20171123_140801.jpg
タッセルのループより一回り小さなボタンをカーテンに直接留めているのです。
P_20171123_140852.jpg
外したところ。くるみボタンの裏に安全ピンを通しています。ピンはよくクリーニング店から戻ってきた衣類についているものです。
IMG_20171123_165947_107.jpg
くるみボタンがないときはボタンに布を当てて縫い付け、布に安全ピンを刺すといいですよ。とても便利なので壁に穴を開けずにタッセルを固定してカーテンをまとめたい方はぜひ作ってみてくださいね。

ボタンは出張鑑定で東京へでたときに谷中銀座の露天で見つけました。手作りボタンがたくさんあったので猫柄を色違いで4つ買いました。このあと星見当番さんとカレーを食べました!

サビアンシンボル博士、星見当番さんのblogはこちら。
鑑定、ヒーリングのご依頼はこちら。
メインblogはこちら。
LINE登録はこちら。
my_qrcode_1510125752077.jpg

↑このページのトップへ