月別アーカイブ / 2013年12月

レコ大を見ながら大掃除、というか、引っ越ししてから放ったらかしにしていた諸々の大片付け。

おかげで、少し残ってはいるけれど、大方スッキリ。

寝室の音響ががらりと変わりました。かなりの反響(文字通りの意味で)。

ピンと来ない方は、引っ越し前後で同じ部屋なのに自分の声の聞こえ方が何か違う、という経験をされたことがあるんじゃないかと思うのですが、それです。

引っ越し前は、物が無い。引っ越し後は、机やら棚やらベッドやら、服もあります。その違いです。

人やものが音を吸うんだというのを実感しました。こういうの楽しい。

- - -

で、BGMがわりにレコ大。実際は結構しっかり観てしまいましたが。

EXILEがHIROさんの勇退を飾れたのが良かったです。僕こういうとこ保守的なので。

新人賞は杜このみさんが一番好みでした。

それから、ゆずがようやく賞レースに名前を残せて、インディーズの頃からの隠れゆずっことしては嬉しい限りでした。僕のギター歴はゆずとともに始まりました。

歴代の受賞曲メドレーは素晴らしい編曲でした。服部隆之さん、流石です。

優秀作品賞10組を通してひとつ印象的だったのは、ダンスが多かったことと、「自作自演」が殆ど無かったこと。

後者、誤解を生みそうな表現をしてしまいましたが、要するに、歌手・パフォーマーと作家が別の人物であるアーティストが多かったのです。

作詞をしているフロントマンはいましたが、自分で作曲をしていたのは、たぶん、いきものがかりだけだったんじゃないでしょうか。

演歌勢はもともと分業制が一般的だと思うし、西野カナは佐伯さん、きゃりーぱみゅぱみゅは中田ヤスタカさん。AKBもAAAも違う。

あ、家入レオさんは作曲にクレジットありますね。でも共作です。絢香さんなんかと同じ感じですね。

余談ですがこの方はポストYUIなのかなーとか思ってました。レーベル違うけど。

また、優秀作品賞以外に目を向けても、今井美樹さんがユーミンを、泉谷しげるさんが昭和の歌を、それぞれカバーした作品が受賞していたり、クリス・ハートさんも水樹奈々×T.M.Rのおふたりも自分では書いていない。

僕が作編曲家を目指しているから目につくだけなのかもしれませんが…。

J-Popの主流は歌謡曲時代の分業制に回帰し始めているんじゃないかと思っていたので、ひとりで勝手に「やっぱそうなんかなー」とか呟いていました(これも文字通りの意味で)。 

やっぱり単に僕の目線の先が「自作自演屋」から「分業プロフェッショナル」に変わっただけなのかもしれないんですけれども。(林檎さん好きです)

分業制が暫く続くのであれば、僕が入り込む隙が、ある意味では有り、ある意味では狭くなる。

来年は、否、来年もまた、頑張りどころです。結果結果言い続けて有言実行する一年にしたいです。

意外と書くこと出てきますね。良い感じ。少なくとも正月休み中は毎日書こうと思います。

ではでは、また。

とりあえず毎日書いてみようと思っているけど三日目にしてもう書くことが思い付かない。


一応、音楽のお仕事もちゃんと投げ返したのだけれど、最終的なオーダーを確認し忘れていて、スッキリしない感じになってしまった。改めて作らなきゃ。

でも、曲は気に入っている。

気に入らない曲は無い。特に、できたてほやほやの時は。何回でもリピートできる。

というか、気に入らない曲を出しちゃあダメだ。

日が経って聴き直した時に「ここはこうした方がもっと良かったかもな」と気付くのは、成長だったり考え方の変化だったりの成せる技なので良し、ということにしているけれど。

その瞬間の自己ベストを出し続ける。

それが出来ないのなら(出来ていないと自覚してしまっているのなら)、少し間を置くなり気分転換をするなりした方が、さらに言えばお仕事を受けない方が、結果的に双方にとって良い。

そういうものを仕事にしようとしているのだ。

今年はその辺の甘さを痛感した。

ふと、僕は「二回目」の無い出会いが多いなぁと、気付いてしまったのである。

「面白そうだから一回会ってみようと思って」とか「一回顔出してみなよ」とか。

その次があったか?僕に興味を持ってくれた人に二回会ったか?

背筋に北風が吹いたようだった。

この調子で大丈夫なのだろうか、「会ってみたら大したことないやつだった」という結論付けをされたんだろうか、口ばかりうまくなっているんじゃなかろうか、云々。

…それでも、未だに、自分を、決して「強く」ではないけれど、持っている。
折れそうで折れない。折れる気がしないわけではなく、折れないよう懸命に立っている、そんな気分。

音楽を失ったらどうなってしまうのだろうという恐怖がものすごく強い。そんな自分で残りの人生を生きることになったとしたらと考えるだけで恐ろしい。

依存なのかもしれない。だからこそ、結果を出したいと思う。僕が欲している「結果」は、誰かが望んでくれなければ出ないものだから。

…書くこと無いと言ったわりに長く、しかも重たくなってしまった。

その割に中身が薄い気がする。
けど今から濃くするのも割に合わない気がする。

今日もまぁ、この辺で。

明日は掃除。大掃除。スッキリしよう。

さくっと日記を書く習慣をつける週間。

Twitter投稿アプリの代わりにアメブロアプリを起動してしまおう、の巻。

- - -

うたいおさめでした。

友人たちと、アニメのOPをアカペラで歌う企画を録ってきました。
ヲタの後輩に誘われて、気楽に、少し真面目に、練習して、歌って。

コーラス楽しい。
(アカペラでは殆どボイスパーカッション担当だったのです)

適度に力の抜けた雰囲気で楽しんでました。
(僕の表情は硬かったみたいですが汗)

動画は近いうちに上がると思うので、また紹介しますね。

- - -

アニメやアニソンの話ももっとオープンにしていこうかなーと。思ったり。
知らない人にも「へぇ」くらいは思ってもらえるような内容にできると良いのですが…。

独りよがりで楽しいなんて楽しくない、と思えるようになったのはいつからだろう。

周りが楽しんでるのを見て初めて、安らいだり嬉しくなったり楽しくなったりします。

ま、周りが見えなくなっちゃう時も、よくあるのですが。
我に帰った時に赤面して熱くなって恥ずかしくなって凹むタイプです。

- - -

これ以上話を広げると、後で読み返した時にそれこそ恥ずかしくなりそうなので、今日はこの辺で。

↑このページのトップへ