月別アーカイブ / 2012年07月

おはよございます。相変わらずのペースでごめんなさい。


今日は、初めてニコニコ動画に投稿したので、そのお知らせを。


【ホントの気持ち】 http://nico.ms/sm18454411


「俺の妹がこんなに可愛いわけがない」というアニメ(ラノベ原作)がありまして。

もともとアニメ自体好きなんですけど、これには輪をかけてドハマりしまして。全部見終わってすぐDVD全巻購入して、本体も持ってないのにPSPゲームの攻略本買って、今は原作読んでます。

で、アニメ第2期をやるにあたって、エンディングテーマ曲を一般公募する、と。(応募方法はニコ動への投稿)

…出さないわけがない。

友人に歌ってもらい、友人にピアノを弾いてもらい、iMovieに初めての動画編集を手伝ってもらい、なんとか投稿にこぎつけました。説明文に改行タグを入れ忘れて、えらい恥ずかしいです。


再生数やコメント数は選考に関係ないのですが、それでも初めての投稿作品なので、ぜひぜひ見ていただいて、コメントもいただけるとすごく嬉しいです。

どうぞよろしくです。



…無駄にプレミアム会員になっちゃった。
(俺妹HPの応募フォームからアップしたので動画投稿者は俺妹スタッフになってるのだけど、そんなこと知らないし、アップできる動画のサイズとかよく分からんくてその辺が無制限になるプレミアム会員になっとかな!…みたいな)



P.S.先日の渋谷ライブ、改めてレビュー書きます!すみません。関係者のみなさん、ありがとうございました。

20120716本番

ユニカユース初の東京ライブ、どんな感じだったか書き記しておきます。


セットリストは以下の通り。

 1.アル
 2.(Nothing's gonna) change the world
 3.LOVE
 4.素晴らしい世界


まずループマシンを使ったソロで2曲。その後、サポートメンバーを迎えて2曲お送りしました。因みにハケSEはGloriaでした。


サポートメンバーは、橋本壮史(pf)、森山聡子(Cho)、よういんひょく(Cho)という素敵な編成。
ピアノのそーしとは10年ぶり、コーラスのふたりとは初めての共演だったにもかかわらず、構成やハーモニーの確認はとてもスムーズで、楽しく練習ができました。

本番中も、なんだか長く一緒にやってきたメンバーのような感覚で。そんな温かみがお客さんにも伝わっていればとても嬉しいです。

コーラスのおふたりはアカペラつながりで面識はあったのですが、一緒に歌うのはもちろん、きちんと話すのも初めてでした。
それでも最初からばっちりハモってきてくれて。さとちゃんとは声質がぴったり合うし、いんひょくくんは持ち前の高いセンスで正確に合わせてくれるし。とても心地好かったです。練習後のごはんも和気藹々と盛り上がりました。

そーしとは前日に一度ふたりで練習をしたのですが、10年前と変わらないやり取りに度々にやにやして。その後軽く飲みに行った先では思い出話やら近況やら、色々話しては、なんというか「しっくりくる」感覚に嬉しくなって、これまたにやにやしてました。


お客さんも、たくさん来てくださって、ほんとにありがとうございました。しらぴぃ、トニーのふたりは写真をいっぱい撮ってくれました。


対バンの皆さんもそれぞれ特徴があってカッコ良かった…!

和茶さん。演舞とボイパ、声で表現される風景。ほんとに目に浮かぶようで、凄かったです。
礼ちゃん。今回も伸びやかなハイトーンが魅力的。楽曲にも合っていて独特の世界観でした。
Tright Lightさん。曲が素敵!3人それぞれの歌声がその良さをさらに引き立てて、キラキラしてました。


RICKのみなさまにも良くしていただいて。ありがとうございました。これからもお世話になります!

ユニカユース、初の東京ライブです!


 Event Sing Like Talkers
 Date 2012.7.16(月・祝)
 Open/Start 17:00/17:30
 Place 東京渋谷 RICK
 Adv./Door ¥2,000/¥2,500 (どちらも+1drink)
 Performers 
tright right
和茶-Waccha-
 Support Musicians 橋本壮史 Pf.
森山聡子 Cho.
よういんひょく Cho.


いやはや、持つべきものは音楽仲間ですね。

新しくスタートするライブハウスのオープニングイベント週間に呼んでいただきました。2月に共演した礼ちゃんを始め、関東の素敵なアーティストさんが出演します!楽しみ!!!

関東在住の元バンドメンバーと、アカペラつながりのシンガーをサポートミュージシャンに迎えて、この日限りのスペシャルなユニカユースをお届けします☆

↑このページのトップへ